八幡謙介ギター教室in横浜講師のブログ

横浜でギター教室を運営するギタリスト八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ


八幡謙介ギター教室公式LINEアカウントを友だち登録する!


質問、相談、ブログや教則本の感想、その他メッセージをお送りいただければご返信します。

友だち追加

音楽全般

髭男(Official髭男dism)の楽曲のイントロが秀逸

昨今、若者のイントロ飛ばし、ギターソロ飛ばしが話題となっており、作曲家やアレンジャーは苦労していると思います。 ギターソロはなくせばいいとしても、イントロはなかなかそうもいかず、長くすれば(といっても8小節とかですが)飛ばされる、短くすれば…

アメリカのライブにおける前座への洗礼について

生徒さんと話していてふと思い出したことがありました。 それはアメリカのライブにおける独特の風習についてです。 ちなみに以下は僕が実際に見た範囲での出来事なので、どんなライブでも必ずそうかは分かりません。 また、2001年~3年あたりのことなので、…

「アルバム」単位で音楽を聞く意義を教えないと分からない時代になっている

教室で子供にギターを教えていると、ジェネレーションギャップをひしひしと感じます。 CD持ってないとか、スマホでしか音楽を聞かないというのは序の口で、先日どうやら「アルバム」単位で音楽を聞く意味がわかってなさそうだったので、なぜアルバムを聴くの…

クラシックとロック・ポップスの楽器に対する金銭感覚の違いが分かる動画

以前ご紹介したクラシック奏者・中奏さんの動画をちょいちょい観ています。 またまた面白い回があったのでご紹介します。 前回の記事はこちら。 k-yahata.hatenablog.com 今回の動画。 youtu.be 冒頭からもう世界が違うのがおわかりでしょうか? 「音大に行…

ジェフ・ベック(Jeff Beck)逝去

昨日、tiktokを観ていたら突然ジェフ・ベックの訃報が入ってきて、思わず変な声を出してしまいました。 www.bbc.com www.youtube.com 引用サイト:http://www.jeffbeck.com/bio/?utm_campaign=nav&utm_medium=referral&utm_source=jeffbeck.com © 2023 JEFF …

アーティストが容姿を保べきなのは、ルッキズムではなく音楽に余計なバイアスを与えないため

昨日公式LINE限定で書いたことの延長です。 要約すると、 ・好きだった歌手の動画を数年ぶりに観たら3倍ぐらい太ってた ・ショックでブラウザを閉じてまだ聴けていない ・俺ってルッキストだったのか…いや、そんなはずはない というものです。 ルッキズム - …

モトリー・クルーのギターミック・マーズが引退 ロックの衰退は確実に進んでいく…

先日遅ればせながらモトリー・クルーのギタリストミック・マーズがツアー引退することを知りました。 発表は22年10月だったそうな。 burrn.online ミック・マーズ - Wikipedia 引用サイト:https://www.motley.com/ Ⓒ2022 Motley Crue www.crueheads.com ミッ…

わりと楽器が弾ける人ほど音大的な何かに憧れる謎

以前からずっと謎に思っていたことがあります。 それは、そこそこ楽器が弾ける人ほどなぜか音大的なものに憧れる傾向があることです。 まだ20代なら分かります。 30代以上で音大生みたいな演奏をありがたがったり、バー○リーメソッドのようなものを練習した…

ギター教室でサブスクサービスをはじめます

2023年から八幡謙介ギター教室にて、サブスクプランをはじめます。 定額をお支払いいただければ質問や相談をしたり、演奏や楽曲などにアドバイスを受けたりといったことが無制限に行えます。 教室の生徒様もそうでない方もご利用可能です(詳細はHP参照)。 …

Youtubeレッスンは必ず衰退する

Youtubeにはあらゆるジャンルのレッスン動画が大量に存在します。 いっときは「もうお金を払って習いに行くなんて時代遅れ」、「今はYoutubeで何で講師を選び放題だし全て無料」、「これからはYoutubeで全員独学の時代!」と言われていましたが、早々とほこ…

We Are The Worldを聴くと一流の歌手の凄さが新ためて分かる

We Are TheWorldという曲があります。 こちら。 youtu.be <歌割り> 1A:ライオネル・リッチー、スティーヴィー・ワンダー、ポール・サイモン 1A':ケニー・ロジャース、ジェームス・イングラム、ティナ・ターナー、ビリー・ジョエル 1B:マイケル・ジャク…

サンタナのEUROPA(哀愁のヨーロッパ)について なぜ「ヨーロッパ」なのか?

サンタナの「哀愁のヨーロッパ」という曲があります。 若い子は知らないかもしれませんが、ギターを続けていると必ずどこかで耳にするはずです。 youtu.be どちらかというと初心者向けの曲とされていて、個人的には16、17歳の頃習っていた教室で課題曲として…

ついに乃木坂46齋藤飛鳥ちゃんが卒業発表

先日衝撃的なニュースが流れて目を疑いました。 なんと乃木坂一期生の齋藤飛鳥ちゃんが卒業を発表しました…… 引用サイト:https://www.nogizaka46.com/s/n46/artist/264Ⓒ乃木坂46LLC 個人的に推しというわけではなかったのですが、バラエティやライブ映像な…

フリージャズは意外といろんなジャンルに継承されていたりするので知っておいた方がいい

フリージャズという音楽があるのを知っている人は多いと思います。 60年代に生まれたジャズの派生ジャンルですが、簡単にいうと滅茶苦茶に演奏しているように見えるので結構ショッキングだったりします。 ちなみに、こちらが世界初のフリージャズです。 yout…

ギターソロを飛ばすなと言うギタリストは、ギターソロを聴くために歌飛ばしたことないんだな?

若者がギターソロを飛ばす問題が話題になっている昨今、僕も以前自分なりの意見をブログに書きました。 k-yahata.hatenablog.com k-yahata.hatenablog.com その後ふと思ったことがあります。 ちょっと待てよ、ギタリストはギターソロを飛ばすなんてけしから…

ギターヒーローの平均寿命から予測するギターの衰退

ギターソロ不要論がささやかれ、ロックが若者の音楽ではなくなった今日ですが、まだぎりぎりギターヒーローたちは健在です。 ただ、彼らも高齢なので近いうちに亡くなっていくことは確実です。 まあかつてのギターヒーローが死んだからといってギターやロッ…

ジャズやポップスで譜面を学んでいる人はローカルルールに気を付けよう

譜面の読み書きを学んでいる人は一定数いると思いますが、譜面には無数のローカルルール、ローカル記号があるということを知らない人は意外と多いようです。 先日も生徒さんに譜面を渡されて、見たこともない記号が書いてありました。 説明を聞くと理解でき…

褒めてくれる先生で大丈夫? ギター教室、ギター講師の役割とは

ごくまれにですが、生徒さんで異常に褒めてもらいたがる方がいらっしゃいます。 その都度僕は「褒める/褒めないという文脈でやっているのではなく、できてるかできてないかを客観的に判断してアドバイスしています」と答えますが、褒めて欲しがる人はそれを…

僕がギターヒーロー不要の時代に即応できるのは、じゃんけんで負けてギターになったから

何度か言っていますが、僕はそもそも中学生のとき、じゃんけんで負けてギター担当になりました。 そこから30年、いつの間にかギターを生業としています。 さて、昨今はギターソロ不要論が囁かれており、若者はギターソロを飛ばして曲を聴く人が多いのだとか…

関ジャムがつまんなくなってきた

以前、「関ジャムはミュージシャン目指す人は全員見といた方がいい」と言いましたが、 k-yahata.hatenablog.com 最近、そうでもなくなってきましたね。 少し前からなんか業界人同士の褒め合いが気持ち悪いなーと思ってはいましたが、それでもまだ音楽を科学…

ミュージシャンから曲を贈られてもなお贈られた女性が上に立ち、ミュージシャンを手玉に取る方法

ガーシーチャンネルを見ていると、某ミュージシャンが女性に曲を作って武道館でその子のために歌ったという暴露がありました。 それだけならとても美しいことなんですが、そのミュージシャンは曲を贈った相手をボロボロにして捨てたそうです。 詳しくはガー…

ギターソロ不要論と、60年代にロックに駆逐されたジャズを比較すると面白い

昨今、ギターソロ不要論が台頭しており、個人的に面白い時代になってきたなと思います。 僕自身ギタリストですが、こうした現象を悲観していません。 ギターソロが求められていないのならバッキングで仕事すりゃいいだけです。 ギターソロが求められていない…

最近の若者はイントロやギターソロを飛ばすらしい

5月16日のすっきりを観ていると、興味深い特集が組まれていました。 それは、若者のイントロ・ギターソロ飛ばし問題。 高野寛さんというミュージシャン/大学教授のツイートから広がった話題だとか。 番組によると、若者の2割はイントロやギターソロを飛ばし…

ギターのコードチェンジが苦手な方は次のコードをイメージするタイミングを考えてみよう

コードチェンジが苦手という方は多いと思います。 ここで言う「コードチェンジ」とはコード進行のことではなく、コードからコードに移ることです。 ひとつひとつのコードはちゃんと押さえられるけど、複数のコードをテンポに合わせて押さえていくことができ…

コードヴォイシングの転回形をギターの指板で理解しよう 4

これまでの記事。 k-yahata.hatenablog.com k-yahata.hatenablog.co k-yahata.hatenablog.com ここまででコードのの引き算、転回形、さらに引き算、そして転回形を動かすということをご説明してきました。 では最後に転回形でコードをつなげていきましょう。…

コードヴォイシングの転回形をギターの指板で理解しよう 3

これまでの記事。 k-yahata.hatenablog.com k-yahata.hatenablog.com ここまでで、コードの原型から引き算→転回→さらに引き算、と変化してきました。 では今度は、これらのヴォイシングを「動かす」ということをやってみたいと思います。 ヴォイシングを動か…

コードヴォイシングの転回形をギターの指板で理解しよう 2

前回の記事。 k-yahata.hatenablog.com 前回はCの転回形をご説明しました。 今回はそれらのコードをさらに引き算する方法をご説明します。 転回形をさらに引き算する <EGC>と転回させたコードを、さらに引き算してみましょう。 1・2弦だけにすればGC、2…

コードヴォイシングの転回形をギターの指板で理解しよう 1

本ブログでコードヴォイシングについて何度も書いているので、そちらについてはぼんやりと理解している人も多いかと思います。 今回は一歩進んで転回形のお話をしたいと思います。 「転回形」とは、コードの積み方を変えていくことです。 例えば<ドミソ>を…

コードヴォイシングをしっかり学んでおくとプロの現場に即応できるようになる

横浜のギター教室でプロになりたての生徒さんがいますが、実践的なコードヴォイシングを教えていたところ、バッキングがめきめき上達し、今では周りのギタリストがついて来られないほどギターのコードワークに精通するほどになりました。 何を教えたのかとい…

横浜ギター教室を月2回受講必須にした結果、停滞する生徒さんがいなくなった

以前は横浜ギター教室では月1回からレッスン受講OKとしていました。 しかし、月1回ではどうしても間隔が空きすぎてしまい、前回のレッスン内容を忘れていたり、方向性が無意識に変わっていたりして、結局生徒さんの理解や上達が停滞してしまうということが分…