八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

努力の源を外部に求めない方がいい

応援→努力という構図 「誰かの応援で頑張れる」というのは確かにそうです。 身内や他人からの応援は、自分の心の中に不思議な力を生じさせます。 そのおかげで努力できた、辛いことも乗り越えられたという経験は誰でも一度はあるでしょう。 また、そうした経…

自宅でのリスニングはいいラジカセが一番な気がしてきた

スピーカーチューニングをして 先日スピーカーのチューニングをしました。 k-yahata.hatenablog.com 結果、テンモニ(YAMAHA NS-10M)はとてもいい音になり、リスニング用としても楽しめるぐらいになったのですが、別のオーディオ用スピーカーの音が袋小路に…

上を見るか下を見るかではなく、大事なのは外を見ること

上を見るか下を見るか 「人間は二種類しかいない、上を見て戦うか、下を見て満足するか」みたいな格言(?)があります。 前者が正しい人やあり方、後者は悪であり人として怠慢という意味で使われます。 一見正論風で力強く、ロマン主義的な甘いソースもふん…

改めてスピーカーのチューニングをやったら音が一段階良くなった

スピーカーチューニング オーディオファンやDTMやる人は一度は試したことがあると思います。 要は、スピーカーの位置や向きを整えてよりよい音で聴けるようにすることです。 実はコレ、死ぬほどめんどくさいので今までなんとなくで済ませていたんですが、最…

「おジャ魔女カーニバル」で上昇クリシェを学ぼう

クリシェとは? クリシェとは、簡単に言うと楽曲の中で半音ずつ上昇/下降するラインのことを言います。 だいたいはハーモニーの中に忍ばせるタイプが多いのですが、ベースがクリシェしていることもあります。 半音ずつ下降していくパターンはかなり多いので…

若いうちに本を沢山読んでおくべきだけど言っても無駄だから僕は言わない

若い内に本を読むべき 定期的に「若いうちに本読んどけ、歳とったら読みたくても読めなくなるよ」という意見が出て議論になります。 確かに、43歳になってつくずくそう思います。 これからもっといろんな意味で読めなくなっていくのでしょう。 その前兆は既…

Ibanez TS9 Tube Screamerレビュー

Ibanez TS9 Tube Scremer 昨年末、ワンチャン遊べるかもと考えていたらコロナ感染拡大でパーになったので、余ったお金で久々に歪みを買いました。 ど定番のアイバニーズTube Scremerです。 復刻版です。 TS9レビュー 音に関しては今更感がありますが、一応書…

自分がクリエイターに向いていているかどうかを判断する方法

クリエイターになりたい 音楽、小説、漫画、そして動画など、クリエイターになりたい、でも向いているかどうか分からない……と悩んでいる人は多いでしょう。 そこで、僕が考えるクリエイターに向いている人をお教えします。 ちなみにここで言う「向いている」…

作曲やる人はサプライズ転調の寿命をしっかり見極めといた方が良い

サプライズ転調 J-POPの十八番といえば、サプライズ転調です。 意味分からんところでいきなり転調するアレです。 ざっくり言うと小室哲哉が元祖でしょう。 小室さん作曲の乃木坂46「Route246」でもイントロで転調してますねw youtu.be まあ、サプライズ転…

「作者が本気で自分の小説を解説してみた2 ヤドカリ」刊行!

解説本第二弾刊行 前回に続、自作解説本第二弾が刊行されました。 作者が自分の小説をかなり本気で解説するというあまりない類いの本です。 今回は「ヤドカリ」という作品です。 初期の純文学短編になりますが、メタファーを使ったり、主題を少し深めてみた…

「そのコードなんか歌いにくい」に対応できないギタリストはサバイバル能力ないと思っといたほうがいい

ギターはコード楽器 当たり前ですが、ギターはコード楽器です。 また、コードを弾ける楽器というのが、意外なほど少ないものです。 一般的な楽器としてはギターとピアノぐらいでしょう。 そうなると当然、コードに対するスキルが求められます。 ギタリストは…

コスパ最強自宅用アンプ!  Fender Champion20で安くフェンダーサウンドを手に入れよう!

Fender Champion20 先日購入したFender Champion20という小型アンプが思いのほかよかったので、再レビューします。 前回の記事はこちら。 k-yahata.hatenablog.com このアンプは以下の人に向いています。 お金がない 自宅用のアンプが欲しい でかい機材を置…

Fender Champion20(ギターアンプ)レビュー

小ぶりの生徒さん用ギターアンプがほしい 教室のギターレッスンではずっとRoland Blues Cubeを使っていました。 チャンネルはひとつですが、インプットがふたつあるので、それを僕と生徒さんで共有し、レッスンしています。 ただ、それだとそれぞれのヴォリ…

平等なチャンスという残酷 恵まれないことに愚痴れることは意外と幸せだったりする

機会の不平等 世の中は残念ながら不平等です。 何かを目指して皆が同じスタートラインに立てるわけではありません。 また、スタートラインが同じでもある人はボロ船、ある人は豪華客船に乗っていたりします。 また、ある人には最高のクルーがついており、あ…

オーディオ、電子機器、楽器の機材などで迷ったら本来のサイズのものを買っておけば失敗しない

機材、機械などの購入に迷ったら 楽器の機材、PC、オーディオ機器などの購入に迷ったら、「本来のサイズ」を基準に考えるとわりとうまくいくということが最近分かってきました。 「本来のサイズ」とは、その機械・機材なら本来これぐらいのサイズ感が妥当と…

楽器を演奏するとき、プロはアマチュアより脳をたくさん使えているのか?

プロは脳の容量が大きい? 楽器を演奏する人、プロを目指す人は、一度はこういったことを考えたことがあると思います。 プロはアマチュアよりも演奏時に沢山の事を処理している。だからきっとプロは脳の容量(処理能力)が自分よりも高いんだ。だから自分も…

口からCD姉さんこと森川美穂の歌を聴け!

森川美穂 森川美穂というと、40代以上の人は「ああ、ナディアの子ね」とピンと来るかもしれませんが、若い子はたぶんほとんど知らないでしょう。 これを歌った人です。 ブルーウォーター アーティスト:森川美穂 発売日: 1990/04/25 メディア: CD 「不思議…

ストラトのフレットをジャンボフレット(ジム・ダンロップ#6100)に変えたのでレビューします

ジャンボフレット搭載 前回の記事で、ストラトにジャンボフレットを搭載したと書きました。 今回はそのレビューです。 ジャンボフレットにしようかどうか迷ってる人は参考にしてください。 ちなみに、費用や納期、工房はこちらに詳しく書いています。 k-yaha…

GUITAR WORKSさんでストラトの修理・改造を依頼した

ストラトの修理・改造をしました 前からストラトをジャンボフレットにしようと思ってお金を貯めつつ機会をうかがっていたのですが、2020年8月、ついに思い立って実行に移しました。 さて、どこに依頼するか…… いつもの川崎FLAMESでもいいんですが、たま…

何者かを目指している人は自分を消す努力をしよう

自分を消す必要性 何かを学び、オリジナルを目指す過程で絶対に必要なのは、自分を消すことです。 自分の意思、好き嫌い、(今持っている)個性、その他あらゆる”自分”を一度消さないと一人前にはなれません。 ではまず、自分を消さないとどうなるかを考えて…

「鬼滅の刃」竈炭次郎役声優、花江夏樹の等価交換とは?

花江夏樹 花江夏樹といえば、アニメファン、声優ファンでなくとも「鬼滅の刃」の主人公・竈炭次郎役の声優だと知っている人は多いでしょう。 今アニメ界、声優界では間違いなくトップの役者さんといっていいと思います。 先日も「情熱大陸」に出ていましたが…

政治を語るアーティストより政治を語らないアーティストの方がよっぽど政治巧者である

アーティストと政治 近年、アーティストや芸能人(以下総じてアーティスト)がSNSで政治を語る場面が増え、その都度議論となっています。 「アーティストが政治を語るな」 「いや、アーティストだって政治を語って当然」 個人的には後者の意見に賛成ですが、…

「作者が本気で自分の小説を解説してみた1 余命・原始人と火」刊行!

小説家は語らない 小説を読んで、作者がどんな気持ちで、どんな考えで書いたのかを知りたくなったことはありませんか? しかし、それを調べてみても本人が詳しく語っているというケースはまれ、というかほとんどないと思います。 なぜかというと、小説家は自…

槇原敬之の歌詞で現代的なプロットを学ぼう

歌詞のプロット 歌詞にはいろんなタイプがありますが、概ね物語が存在します。 主人公が何を考え、どう行動し、どこに着地するのか。 その仕組みのことを「プロット」と言います。 これは基本的に小説などで使われる用語なのですが、今回は歌詞に当てはめて…

ヴィンテージギター市場が動いてきてる気がする(ストラト限定)

ヴィンテージギター 2020年前半にGibson ES-330を入手し、ヴィンテージのポテンシャルを体感して、次はヴィンテージストラトを手に入れる決意をしました。 k-yahata.hatenablog.com 上記ブログにも書きましたが、コロナでミュージシャンや音楽業界が逼迫…

いいものを知るためには悪いものも同時に知っておくべき

いいものだけでは良さが分からない レッスンでよく言うことですが、いいものを知るためにいいものだけに接していても意外とその良さが分かりません。 例えば、最初からいいステレオでしか音楽を聴いたことがない人は、その音の良さが分かっていません。 いい…

歌の中身が知りたい人は原曲とカヴァーと歌ってみたを聴き比べてみよう

歌の中身 このブログで何度も言っていますが、歌には中身があります。 楽器の演奏にもありますが、歌の方が伝わりやすいです。 同じ歌を一流のプロが歌っても、一方は評価されてもう一方はすぐ忘れられたり、同じ曲でもある人のカヴァーは感動するけど別の人…

何かを目指している人は、”今”で全てを判断しないようにしよう

今できるようになりたい 何かを練習している人は、間違いなく全員“今”それができるようになりたいと思っているはずです。 曲を練習している人は、”今”その曲が弾けるようになりたい、小説を書いている人は”今”文章力を上げたい、などなど。 しかし、俯瞰で見…

Gibson Les Paul Traditionalレビュー

Gibson Les Paul Traditionalを弾いてみた 生徒さんが購入されたGibson Les Paul Traditionalを弾いてみました。 何年製造のモデルかは聞き忘れましたが、59年のレプリカだそうです。 入力に対する耐性がしっかりしている 以前ヴィンテージの特徴として、…

ジャズのアドリブに戦略を持つということ

アドリブに戦略を持つ ジャズのアドリブというと、一瞬のひらめき、その場の空気感、ノリなどで即興で行うものだというイメージが強いと思います。 もちろんそういった要素も多分にありますが、同時に戦略的な構築も必要であると僕は考えます。 特に初心者は…