八幡謙介ギター教室in横浜講師のブログ

横浜でギター教室を運営するギタリスト八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

八幡謙介ギター教室

夏期限定 無料体験レッスンを実施します

これまで教室で無料体験レッスンの類いは避けてきましたが、最近考え方を少し改める機会がありました。 どうやら今の感覚だと、有効性や自分に合うかを確かめるのにお金を払うということができないようです。 ただでさえ不況の中、コロナもまだ収まってない…

褒めてくれる先生で大丈夫? ギター教室、ギター講師の役割とは

ごくまれにですが、生徒さんで異常に褒めてもらいたがる方がいらっしゃいます。 その都度僕は「褒める/褒めないという文脈でやっているのではなく、できてるかできてないかを客観的に判断してアドバイスしています」と答えますが、褒めて欲しがる人はそれを…

横浜ギター教室を月2回受講必須にした結果、停滞する生徒さんがいなくなった

以前は横浜ギター教室では月1回からレッスン受講OKとしていました。 しかし、月1回ではどうしても間隔が空きすぎてしまい、前回のレッスン内容を忘れていたり、方向性が無意識に変わっていたりして、結局生徒さんの理解や上達が停滞してしまうということが分…

横浜ギター教室のレッスンに同伴者を帯同することができるようになりました

ギター教室を運営していて常に感じることは、一人じゃ来辛いだろうなーということです。 特に子供や女性。 親御さんは子供を預けるのは不安だろうし、男性と密室で一対一になることに抵抗のある女性も多いと思います。 その辺をなんとかしようとずっと考えて…

コロナ渦救済 2020年、21年限定再入会無料キャンペーンを行います

蔓延防止措置も終了し、2022年度も始まるので、このタイミングで教室でもコロナ渦の救済キャンペーンを行います。 内容は、2020年、21年に退会された方で、教室への再入会を希望される方に対し入会金を無料とさせていただきます(通常、再入会は入…

音楽を習ってきて一番感謝していることは、はっきり言ってくれたこと

今までいろんな人に音楽を習ってきて、一番よかったこと、感謝していることは、自分の状態をはっきり言ってくれたことです。 それをしてくれた先生は、覚えているだけでは一人だけ、教則本にも書いたリッチー・ハート先生です。 リッチーは大学のときの先生…

「ギタリスト身体論3」を出版して燃え尽き症候群になりそうになったけどなんとか戻った

明けましておめでとうございます。 今年は今日からぼちぼち仕事していきます。 実は昨年末、「ギタリスト身体論3」を出版してから、なんとなくブログも書く気にならなかったり、ギターも弾く気にならなかったりして、いっときは『もうギタリストとしての自分…

ギター教室の価値を上げるために僕がしていることをお教えします

ここ数年、僕がギター教室の価値を上げるためにしていることをお教えします。 やろうと思えば誰にでもできます。 その前提として、ネット社会やネットと人のこれからを予測する必要があります。 ネットの未来を予測する これまでは、ネットに”ある”ことが人…

やはりレッスンの最低回数は月2回で間違いない

4月から教室の最低受講回数を2回にしました。 以前は1回からOKだったんですが、月1回の生徒さんを見ているとどうしても停滞してしまう方がほとんどだったので、繰り上げました。 k-yahata.hatenablog.com 2回だと来られないという方も数名出ましたが、…

月1回レッスンの限界 月1でははっきりいって何もできない

2020年に横浜ギター教室の規約を一新し、レッスンを月1回から受講可能としました。 その後、1/3から半分ぐらいの方が月1回受講されるようになりました。 月ごとに変更可能なのですぐに2回、3回受講に戻る方もいれば、ずっと月1回の方もおられます。…

横浜ギター教室で教えている内容で一番使えるのはギターのためのヴォイシング

横浜ギター教室では様々なレッスンを行っています。 脱力、アドリブ、耳コピ、作曲、作詞、教室運営相談などなど。 それらの中で、実は一番使えるのはギターのためのヴォイシングです。 もちろん他が使えないわけではありませんが、脱力やアドリブなどは時間…

横浜のギター教室で歌詞のレクチャーをする機会が増えてきた

最近、横浜ギター教室で歌詞のレクチャーをする機会が増えてきました。 自作の歌詞を見てほしい、カヴァーしている歌の歌詞をもっと深く読めるようになりたい、などなど。 あるいはこちらから「もっと歌詞を勉強した方がいいよ」と言う場合もあります。 ちな…

横浜ギター教室で歌詞についてレクチャーしています

歌詞のご相談、レクチャーが増えてきた ここ最近、歌詞の読み方だったり、生徒さんが書いた歌詞へのアドバイスをする機会が増えてきました。 一応教室HPでも歌詞についてのご相談も受け付けますと書いていますが、改めてここでどんなことをやっているのかを…

ギターレッスンで見えてきた人間の不条理

関西と横浜で長年ギターレッスンを行ってきて、人間とはつくずく不条理な存在であるということが身にしみて分かります。 といってもそんなに深刻な話ではなく、「分かっちゃいるけどできない」というレベルの話ですが。 例えば何かを習得したいとします。 練…

最悪の状況でもぎりぎり生き延びられる選択をしてきた結果、コロナショックは乗り切れそう

最悪の状況を想定 僕は何かをするときに、まず最悪の状況を想定します。 もちろんいいことも考えますが、やる気があって仲間がいてお金も人も集まって、その上社会がちゃんと回っているときはまあ何しても上手くいくでしょう。 だからいいときのことはあんま…

八幡謙介ギター・音楽教室での歌のレッスンはどんなことをしているのか

教室で行う歌のレッスン 最近教室で歌を教えることが少しずつ増えてきました。 といっても、発声とか歌唱技術については一切触れません。 僕自身できないし、そんなことは専門の先生に習えばいいので。 じゃあ何を教えるかというと、まずは印象です。 先入観…

褒めて伸ばすか叱って伸ばすか……人間はそんな単純ではない

ギター教室で教えていると必ず考えるのが、褒めて伸ばすか叱って伸ばすかという問題。 僕ももちろんこれをずっと考えてきて、どっちも実践したことがあります。 結論から言うと、どっちも正解でもNGでもなく、どうでもいいことです。 褒めて伸ばす/叱って伸…

イングウェイのTrilogyが弾けそうな生徒さんが増えてきた

横浜ギター教室にて、今教則本に書いている新しいフォームでイングヴェイに挑戦している生徒さんが数名いらっしゃいますが、フォームが整ってくると皆「もうちょっとやったら弾けそう」というところに来ています。 まあさすがに簡単にはいきませんが、フォー…

ジャズを批判したおかげでジャズの生徒さんが増えてきた

ジャズの生徒さんが増えてきた ふと気がつけばジャズの生徒さんが増えてきました。 そもそも僕はジャズギター講師としてやっていきたかったんですが、関西で教えていたときはジャズやりたい人がぜんぜん来ず、その後横浜に移住してもジャズを習いに来る人は…

ヴォーカルレッスンをしてみてわかったこと

以前から歌については「こうしたらよくなるのに」とか「伴奏とこうやって合わせれば…」と考えていたことがあり、ブログでも何度か書きました。 そんな中、先日横浜ギター教室にジャズシンガーの方がレッスンに来られたので、そういった考えに基づいてレクチ…

レゲエを教えるギター教室

滋賀でギター教室をやってた頃からそうなんですが、現在の横浜ギター教室でもレゲエを教えています。 カリキュラムで全員必ずやるというわけではありませんが、継続して通っていただければどこかの時点で必ずレクチャーします。 というのは、レゲエは現代音…

YOUTUBERの瀬戸弘司さんが拙著「ギタリストのためのハーモニー」を紹介してくださいました

昨日あたりから急に「ギタリストのためのハーモニー」が売れ始めていたらしく、編集者からもメールが来て、増刷するかどうかみたいな話が進んでいます。 売れるのは手放しで嬉しいんですが、これだけ急だとなにか原因があるはず……と思っていたら、「動画で取…