八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

アイドル

ついにAKBが紅白落選した……

2020年第71回紅白歌合戦 今年もこの時期がやってきました。 さすがにコロナ渦で無観客だそうですが、開催されるのはなんかほっとしますね。 出場歌手はこちら。 www.nhk.or.jp AKB落選 個人的にびっくりした(けどなんか納得もした)のは、AKB48の落選…

NiziUが可愛い 最新K-POPアイドルが意外によかった

最新K-POPアイドルNiziU 最新のK-POPアイドルグループNiziUというのを知って、ちょっとハマってます。 ちなみに読み方はneed youだそうな。 大規模オーディションで勝ち抜いた女の子で結成したとか。 その辺はよくわかりませんが、デビュー曲はなんか拍子抜…

重力シンパシー/AKB48 歌詞解説

歌詞のポイント 静的な主題を動的に表現 日常の一コマを特別に 「重力シンパシー」は静的な主題を動的に表現するという、作詞家秋本康の名人芸がうかがえる楽曲です。

AKBはまた来る気がする

壊滅的なAKBグループ 10年代前半、栄華を誇ったAKBグループですが、後半からは他グループの躍進、人気メンバーの卒業、山口真帆事件、総選挙中止、それに加えて2020年のコロナショックなどで壊滅的な状態にあると言えます。 新規研究生の募集もなく、…

地下アイドルの面白さにハマりつつも、それでも僕がアイドルはメジャー一択だと思う理由

アイドルはメジャー一択 最近いろんな意味で地下アイドルが面白いのですが、それでも僕はアイドルはメジャーで活動するべきだと思います。 なぜかというと、インディーズとアイドルがどうしても合わないからです。 一番それが出ているのが音源です。 はっき…

「俺はロックだ!」←イエーイ! 「私アイドルよ!」←は? …なぜなのか?

市民権を得たロック 以前から不思議に思っていたことですが、例えばある人が「俺はロックだ!」と言っても即座に否定する人はほとんどいません。 もちろん嫌悪感を示す人はいるでしょうが、それもその人がロックだと言うことを認めた上での嫌悪感です。 しか…

風男塾「Dash&Daaash」がJ-POPの教科書みたいなので作曲家志望者は聴いといた方がいい

風男塾 今期アニメ「群青のマグメル」を観ていたらOPが良くて、誰だろうと思ったら風男塾という男装アイドルグループでした。 元々は中野腐女シスターズから派生した腐男塾というグループが風男塾と改名したようですが、詳しくは知りません。 曲はこちら。 w…

ZOCにROCKを感じる

ZOCというアイドルグループ 最近話題の戦慄かなのちゃんが所属するアイドルグループZOCのMVを観て、うわっと思いました。 昔のバンドマンがまとっていた悪のオーラを出している人がいてびっくりしました。 しかもそれがアイドルとは……。 元ヤンアイドルは元…

アイドル嫌いにオススメ、曲がかっこいいアイドル「Maison Book Girl」

アイドルは嫌い? 楽器やってる人はいまだにアイドルが嫌いな人が多いと思います。 一番の理由はアイドルアイドルした容姿や楽曲でしょう。 そんな人におすすめなのがMaison Book Girl(通称ブクガ)です。 プロデューサーはサクライケンタ氏。 Maison Book …

ゆるめるモ!に90年代のインディーズの匂いを感じる

ゆるめるモ!って知ってる? 混迷するアイドル界ですが、最近はゆるめるモ!が僕の中できています。 とっかかりは今人気急上昇中のあのちゃんです。 僕の世代にはどこか懐かしい、わりと本気でヤバい人の匂いがプンプンします。 昔のバンドマンはこんな人ば…

AKB48総監督ゆいはん(横山由依)の政治力 48グループは院政の時代へ

ゆいはんの禅譲 AKB48、二代目総監督のゆいはんこと横山由依が、4月1日をもってみーおんこと向井地美音に総監督の座を譲るそうです。 また、ゆいはんはまだしばらく卒業せず、みーおんを陰で支えていくそうな……。 これを読んで僕は『うっわ……』と絶句しま…

西洋に日本のバンドは浸透してきてるけどアイドルがイマイチ受け入れられない理由

アイドルはなかなか西洋で受け入れられない 僕はよくYOUTUBEのリアクション動画を観るんですが、日本のバンドは西洋にかなり浸透しているなーと最近感じます。 デジタルネイティブ、YOUTUBEネイティヴ(という言葉があるのか知りませんが)からしたらもう音…

第十回選抜総選挙を観てAKBのファンやめた

総選挙を観て… 2018年6月に行われたAKB48第十回選抜総選挙を観て、急速にAKBから心が離れていくのを実感しています。 なぜかというと、醜かったからです。 その醜さの原因は、1位に輝いた松井珠理奈でした。 松井珠理奈の所行 といっても僕はアンチ珠…

AKB48 53rdシングル世界選抜総選挙は海外勢への”位打ち”(くらいうち)である

AKB48総選挙2018は世界選抜 もはや6月の風物詩となったAKB48選抜総選挙ですが、今年2018年はなんと世界選抜となっています。 www.akb48.co.jp 今までは国内48グループのみだったのですが、今回はインドネシアのJKT48、台湾のTPE48、そしてタイ…

欅坂46「真っ白なものは汚したくなる」が名盤すぎる

欅坂46のファーストが名盤すぎる アイドルファンにはもう古い情報かもしれませんが、欅坂46の1stアルバム「真っ白なものは汚したくなる」が名盤すぎるので遅ればせながらご紹介します。 真っ白なものは汚したくなる(通常盤) アーティスト: 欅坂46 出版社…

アイドル鑑賞の楽しさはベタや王道を堂々と「好き」と言えること

僕はアイドル好きです 僕は(たぶん)自他共に認めるアイドル好きです。 いわゆる在宅ヲタで今までライブや握手会、その他イベントに一度も行ったことがないし、AKBの総選挙に投票したこともないし、CDやグッズも基本買いません。 まあそれはいいとして、 ア…

アイドルにハマる男性の心理は川端康成「伊豆の踊子」に書いてある

アイドルという文化 日本のアイドルは既に社会現象を通り越して文化として成熟したといっても過言ではありません。 それらは今やサブカル系評論家のみならず、れっきとした社会学者、ジェンダー研究家までもが研究対象として取り上げるほどです。 僕もいちア…

存在する理由 Documentary of AKB48 

2016年版AKBのドキュメンタリー。 レジェンドメンバーの多くが卒業し、明らかに勢いがなくなってきたAKBのドキュメンタリーは残念ながらちょっと地味。

悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46ドキュメンタリー

乃木坂46を追ったドキュメンタリー。 タイトルからも分かる通り、暗い。

TOKYO IDOLS アイドルのドキュメンタリー

東京のアイドルシーンをアイドル(グループ)やファン、プロデューサー、社会学者、フェミニストなどの多角的視点から分析している作品。

須藤凛々花が結婚宣言により起こした革命 りりぽん叩いてる人、こないだまでAKBとファン叩いてなかった?

須藤凜々花結婚宣言 2017年6月17日に開催された第9回AKB48選抜総選挙において、NMB48の須藤凛々花(以下りりぽん)が結婚宣言をし、ファンはもちろん、マスコミ、芸能界、ネット界隈が大騒ぎとなりました。 現時点で丸二日経ちましたが、この騒動はまさしく…