八幡謙介ギター教室in横浜講師のブログ

横浜でギター教室を運営するギタリスト八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ


八幡謙介ギター教室公式LINEアカウントを友だち登録する!


質問、相談、ブログや教則本の感想、その他メッセージをお送りいただければご返信します。

友だち追加

ギター初心者がこれからギターを始めるために 42 ヤマハ Pacificaについて解説

サウンドハウス
前の記事

k-yahata.hatenablog.com

ヤマハのギター

今回はYAMAHAのPacifica(パシフィカ)というギターについて解説します。

Pacificaはヤマハが販売するギターの主力シリーズです。

現在PAC100、PAC200、PAC300、PAC600の4つのラインがあるようです。

 

PAC100

PAC200

PAC300

PAC600

公式サイトはこちら。

jp.yamaha.com

また、近年リニューアルされたREVSTARも話題となっています。

本記事では僕が実際に弾いたことのあるPacificaについてのみ書いています。

質が良すぎておすすめできない

以前こちらの記事でも書きましたが、Pacificaは質が良すぎて初心者にはおすすめできません。

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

Pacificaは最初からアンサンブルの中でしっかりと抜ける音に設計されています。

しかも、フェンダー・ギブソンみたいに我の強い音ではなく、ちょうど歌の一歩後ろぐらいで綺麗になじんでくれるので、歌ものの製作やバックバンドをしている人からするとこんな楽なギターはありません。

また、Pacificaはどんなに無茶苦茶なピッキングをしてもいい音がします。

実際に試したのですが、本当にめちゃくちゃに弾いても音が悪くならないので驚きました。

さらにさらに、一番下の3万円台のPAC100シリーズでその音が出るので、間違いなくコスパ世界最強ギターと言えるでしょう。

「だったら間違いなく買いじゃん?」と思うかもしれませんが、個人的にはそこが問題だと考えます。

なぜかというと、Pacificaだと質が良すぎて弾き手が育たないからです。

 

楽器の音とは、弾き手の技で引き出すものです。

先輩やプロのギタリストのギターを弾かせてもらったとき、ぜんぜん同じ音が出なくて首を傾げたことが誰しもあるはずです。

また、いいとされているギターを弾いても全然いい音が出なくてがっかりしたという経験は誰しもあるでしょう。

そこで自分の腕が足りない、だからこのギターでいい音を出せるように頑張ろうと思えるのです。

このように、楽器がミュージシャンを育てるという側面があるのが音楽の面白く深いところです。

Pacificaはそうした楽器文化を完全に破壊してしまうほど圧倒的な質を持っています。

だからPacificaを使うのは危険なのです。

特にこれから真面目にギターと向き合おうとしている初心者には絶対におすすめしません。

初心者がPacificaを使ってもいい場合

ただし、以下の人は初心者でもPacificaを使っていいと思います。

 

・そもそもギタリストになりたいのではなく、音源製作の一環としてギターも弾けないといけないからやるだけ

・ギターという楽器を探究する気はない

・Pacifica以外のギターが弾けなくても別に構わない

・いろんな楽器をやってるのでギターだけに時間をかけていられない

・ギターでいい音を作るためにそこまでお金をかけられない

・歌もののバックしかやらない

・深みとかいらないから楽していい音が出たらラッキーw

 

こういったタイプのギタリストであれば、最初からPacificaを使ってもいいと思います。

ただ、ギタリストとしての成長はないと覚悟しておく必要がありますが。

八幡謙介ギター教室HPを見る

yahatakensuke.com

ギター初心者がこれからギターを始めるために 43へ

k-yahata.hatenablog.com