八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

PACIFICA(パシフィカ)をメインギターにするのは危険

YAMAHAのギターPACIFICA(パシフィカ)をご存じでしょうか?

最近再評価されているギターで、以前ブログでも取り上げました。

k-yahata.hatenablog.com

はっきりいってめちゃくちゃ質の高いギターで、しかもコスパがバツグンにいい!

3万のモデルでめちゃくちゃいい音がします。

また、FenderやGibsonなどと違い、絶妙に一歩引いたような音がJ-POPの伴奏にマッチします。

教室でもその話をしていると、購入する生徒さんもおられました。

ただ、そのクオリティの高さ故、個人的にはPACIFICAをメインに使わない方がいいと考えます。

上記ブログでも少し書きましたが、今回改めて警鐘を鳴らしておきます。 

 

PACIFICA の凄いところは、どう弾いてもすぐいい音が出てくれるということです。

普通、ギターはそれぞれ特徴があり、そこを発揮させるために技がいるのですが、PACIFICA にはその技が全く必要ありません。

ピックの持ち方、ピッキングの強さ、角度、ピックが弦に入る深さなどなど、何も気にせず適当に弾いてもいい音がします。

こんな楽なギターはありません。

 

それが問題なんです!

 

何してもいい音がするということは、プレイヤーが育たないということです。

無茶苦茶なフォームで、無茶苦茶な力で弾いてもいい音がするので、プレイヤーはそれがダメなことだと分かりません。

といっても、エレキギターは沢山の種類を弾いてナンボなんで、他のギターを弾いていけばそのうち自分のフォームの問題に気づくでしょうが。

ただ、最初からPACIFICAを持ってしまったが故に自分の弾き方の問題点に気づくのが遅れるということは十分あります。

特に再評価が進んでいる昨今ではなおさら。

PACIFICAはそれぐらい凄いギター、魔性のギターなのです。

 

じゃあPACIFICAを使わない方がいいかというと、それももったいない。

特にJ-POPやアニソンを演奏する人、作っている人なら絶対持っておいて損はしません。

PACIFICAならキラキラして抜けがよく、それでいてヴォーカルの邪魔にならない適度に引いたギターが簡単に録れるでしょう。

ただ、練習するときは絶対にPACIFICAでしないようにしましょう。

PACIFICAで練習すると、自分が上手くなったと勘違いしてしまいます。

特にカッティングは危険ですね……

 

PACIFICAはあくまで助っ人扱いとしておくのが一番いいと思います。

困ったときはPACIFICAの力を借りるけど、普段は自分でなんとかする。

PACIFICAをメインギターにし、練習でも使っていると甘やかされてしまい、気がつけばめちゃくちゃなピッキングになっていた…となる可能性は十分考えられます。

八幡謙介ギター・音楽教室in横浜

yahatakensuke.com

サウンドハウス

【広告】

 

 
あわせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

八幡謙介の書籍をチェックする

Amazon

楽天

BOOK☆WALKER

peraichi.com