八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

ギターの材質やピックアップの音の違いをどうやって聞き分けるのか?

ギターのパーツを限定して音を評価できるのはなぜか?

先日、生徒さんからこういった質問がありました。

 

  • ギターにはボディ、ネック、指板、ピックアップなど様々なパーツや材質が使われており、それらが総合的に干渉しあってサウンドを出している。それなのに「このボディ材の音が…」とか「このピックアップの音は…」とパーツを限定して音を評価できるのはなぜなのか?

 

確かに、「ボディの材質が…」といってもそれはもしかしたらネックの材質も関係しているかもしれないし、ピックアップのキャラクターも含まれているかもしれません。

ただ、それでも木材やピックアップなどのパーツが担うサウンドの領域は限定可能です。

<img src=”guitar.jpg” alt=”ギターの材質について”>

ボディ材が担うサウンドの領域

例えばボディ材ならボディ材が担っているサウンドの領域というものがあります。

個人的に一番顕著なのは、ディストーションの噛み方ですね。

アルダーはディストーションをしっかりと噛んでくれるので、歪みの出方がザグッとして気持ちいいのですが、アッシュはそこまでしっかり噛まないので、歪みの中にクリアさが残ります。

これはピックアップを変えても同じです。

以前アッシュボディのギターでもう少しザグッと歪ませたくてピックアップを交換したのですが、キャラクターは同じままでがっかりしました。

結局そのギターは売って、アルダーボディのものを買ったらイメージしていた歪みに近いものが出たので、それ以来アルダーにしています。

ネックは明るさの調節

また、僕はネックに関しては音の明るさ調節として捉えています。

メイプルはパキっと明るい音ローズウッドの指板を貼ると音は少し暗くなるけど、その分色気が出ます。

これも同じく、ボディ材が変わっても、ピックアップが変わっても、ネック材から出る明るさの特徴は根本的には変わりません

 

このように、それぞれのパーツや材質が音のどの分野に影響しているかがわかってくれば「アルダーボディのサウンド」「メイプルネックのサウンド」などとパーツの音がわかるようになってきます。

ただ、ハマりすぎると本質を見失ってしまうのでそこそこにしておきましょう。

最高の音がする(と思っている)ギターをバンドで使ったらクソみたいな音にしか聞こえなかったということはいくらでもありますから。

サウンドハウス

【広告】

 

あわせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

八幡謙介ギター・音楽教室in横浜

yahatakensuke.com

八幡謙介の書籍をチェックする

Amazon

楽天

BOOK☆WALKER

peraichi.com