八幡謙介ギター教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介がギターや音楽について綴るブログ。

八幡謙介ギター教室in横浜
「一般コース」「プロ養成コース」
初心者/プロ志望対応
リンクをクリックしてHPをチェック!

ギター初心者がこれからギターを始めるために 59 中古(楽器店、フリマ)でギターを買うってあり?


八幡謙介ギター教室in横浜
前の記事

k-yahata.hatenablog.com

中古で買う

これまで、一貫して新品のギターをご紹介してきましたが、今回は楽器店の中古品やフリマで買うことについてお話しておきます。

正直、楽器を中古で買うことは現在あまりおすすめしていません。

なぜかというと、変な改造や明らかな素人修理がされていて、そのまま売られている可能性があるからです。

特に安いギターに多いのではないかと思います。

 

ギター好きの人の中には、一定の割合で改造マニアがおりまして、中を開けないと気が済まない、ハンダや配線などを少しでもいじらないと気が済まないという人がいます。

また、素人知識でアンプやエフェクターなどをモデファイする人などもいます。

そうして一通りいじったら満足して中古市場に流し、楽器店でもちゃんとチェックせずに売りに出しているということが多々あります。

僕もフリマでアンプを安く買って喜んでいたところ、「なんかおかしいなあ…」と思って修理に出したら中がいじられていたということがありました。

適当にいじって厭きたか失敗したから放出したんでしょう(安い値段はその人なりの罪悪感の表れなのかもしれません)。

 

また、つい最近の話ですが、生徒さんが中古で購入したギターが突然音が出なくなったと相談があり、見てみるとどうもハンダの接触不良のようでした。

しかしそのギターは普通に考えると接触不良を起こすような安いギターではないので、恐らく前の持ち主が適当にいじってそのまま売りに出したのでしょう。

有名ブランドのそこそこ高いギターでもこういった現象が起こります。

比較的安いギターや機材ならもっと多いでしょう。

ハンダの練習用に安いギターを買い、適当にいじって用が済んだらフリマに流す。

買うのはどうせ初心者だから中身なんてわからないだろうと思って売る人がほとんどでしょうね。

 

 

初心者はエントリーモデルを新品で買うのが一番安心

結局、初心者は楽器店や正規サイトからエントリーモデルを買うのが一番ということです。

これまで見てきた通り、いろんなメーカーから2万円前後で買えるギターが販売されています。

そこはケチらずに定価で買っておくべきでしょう。

ちょっとでも安くと思ってフリマで買ったらすぐ壊れたなんてことになったら、定価より高くつくかもしれません。

定価で正規のルートから買っておけば保証もついてくるし、少なくとも素人が中身をいじったなんてことはありません。

楽器店の中古も安心はできない

フリマがダメなら楽器店で中古を買うのはどうでしょう?

確かにフリマよりはまだましですが、楽器店だからといって信用できるということはありません。

どう考えても売り物にできないようなボロボロの状態で「中古」として販売している店もあるし(実際に買わされた人を知ってます)、改造に気づけない店員もいます。

ある程度自分で品定めしたり、おかしければクレームを入れられる人は楽器店で中古品を買ってもいいと思いますが、それができる人はもう初心者ではないでしょう。

やはり何も分からないうちは新品を買っておいた方が賢明です。

ギター機材をAmazonでチェックする!

ギター初心者がこれからギターを始めるために 60へ

k-yahata.hatenablog.com