八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

ギターの改造、パーツ交換、リペアをしたら即結論を出さず、とりあえず1週間は弾いてみよう

ギターをいじったらしばらく使ってみよう

僕もここ数年よくギターの改造やパーツ交換、リペアをするようになったのですが、そうしたことをして即結論を出すのはよくないです。

なぜなら、新しいパーツやリペアがギターに馴染むまで少し時間がかかるからです。

その間によくなることもあれば悪くなることもあります。

 

例えば一番わかりやすいところで言うと弦交換です。

誰でも知ってる通り、新しい弦を張るとキラキラした音がします

そして、3日から1週間も使っていればそのキラキラ感が落ち着いてきます。

その弦の善し悪しを判断するのはそこからだと僕は思います。

なぜかというと、新しい弦のキラキラ感はどんな弦でも出るからです。

もちろんそのキラキラの奥にちゃんとその弦のキャラクターがありますが、それがはっきりと全面に出てくるのはキラキラが落ち着いてからでしょう。

<img src=”guitar.jpg” alt=”2本のアコースティックギター”>

また、以前あるギターのフレットが低くて弾き辛かったので高いものに交換をしたことがありますが、オーダーしたときはこんなもんかと思ったフレットが、実際にネックにはめ込まれるとイメージより低く感じてがっかりしたことがありました。

意気消沈して帰宅し、なんとか自分をなぐさめながらそのギターを弾いていたんですが、なんと1週間ほどすると若干フレットが高くなった気がしました

錯覚かもしれませんが、弾いているうちにフレットがネックになじんで本来の形(交換前に念入りに調べたときと同じ)に戻ったような気がします。

 

ピックアップにしても交換したてとしばらく使ってからだと音が違います

そうしたことを踏まえずに交換したて、リペアしたてで全てを判断すると余計に混乱する可能性があります。

特にスキルがあってパーツ交換や簡単なリペアを自分でできる人なら、「失敗した!」と思ったらすぐに元に戻したりできますからね。

 

余計なお金や労力をかけたくなかったら、ギターの何かを変えた後は最低でも1週間は我慢して様子を見ましょう。

サウンドハウス

【広告】

 

関連記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

八幡謙介ギター・音楽教室in横浜

yahatakensuke.com

八幡謙介の書籍

Amazon

楽天

BOOK☆WALKER

peraichi.com