八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

八幡謙介の最新教則本「ギタリスト身体論3 新世紀ピッキング理論」販売中!

 

槇原敬之「宜候」(ようそろ)感想

槇原敬之「宜候」(ようそろ)

マッキーのニューアルバムが出ていることをYOUTUBEで知って、すぐにポチりました。

「宜候」と書いて「ようそろ」と読むそうです。

航海用語で、舟が進むときの号令だとか。

いろいろあって新たな船出を宣言するためのアルバムってことでしょう。

感想

全体としてはなんか柔らかくなった印象がありました。

サウンドもカリッカリで刺さるような感じではなく、いい感じに丸くなってます。

楽曲もどれを聴いても穏やかで包まれる感じ。

マッキー的なメロディや、コミカルさも健在です。

だいたいどのアルバムにも入っている意外とはじけた楽曲(「軒下のモンスター」「男はつらいっすね」「You Gotta Be」など)は今回はないです。

ああいう曲は、”あっち側”にいってたときに書くんでしょうか?

今回のアルバムは、社会の”こっち側”への新たな船出なので、自制して作ったのかもしれません。

音楽に救われている人の音楽

僕がマッキーと出会ったのは中学生の頃なので、もう30年近く聴いていることになりますが、この人ほど音楽に癒やされ、救われてなんとか生きている人はいないんじゃないかと思います。

今回のアルバムでは特にそう感じました。

初期作品は別の意味でぎりぎり救われて生きてる感じがありますが。

芸術家が芸術に救われている様が芸術になるという構図は面白いなと思いました。

たぶんこの人は今後も何度か落ちるだろうけど、その都度音楽に救われて立ち上がっていくんだろうなと思います。

たぶん反省はしていない

アルバムを聴いて感じただけですが、この人たぶん反省はしていないと思いますw

マッキーの中には自分と音楽しかなくて、今回もそれを再確認しただけでしょう。

個人的にはそういういびつな人から出てくる音楽が好きなので問題ありませんが、二度目の逮捕で傷付いたファンの人は今後も覚悟しといたほうがいいと思います。

たぶんあと2、3回同じようなことがあると思います。

k-yahata.hatenablog.com

八幡謙介ギター・音楽教室in横浜

yahatakensuke.com

サウンドハウス

【広告】

 

 

あわせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

八幡謙介の書籍をチェックする

Amazon

楽天

BOOK☆WALKER

peraichi.com