八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

八幡謙介の最新教則本「ギタリスト身体論3 新世紀ピッキング理論」販売中!

 

ギターを弾く腕をどこで支えるかという問題

ギターを弾くとき、右手を必ずギターの弦がある位置まで持ち上げます。

そうしないとピッキングができません。

ということはつまり、ギターを弾いているとき、腕一本をずっと支えているということになります。

じゃあどこで(どの筋肉を使って)支えているのか?

この問題を解決しておかないと、腕はいつまで経ってもふらふらした状態となります。

ここでいう「ふらふらした状態」とは、無意識的に数ミリ~1センチ程度動いているといったことをいいます。

腕が気づかずに1センチ動いていると、それだけでピッキングに重大な支障を来します。

だからギターを弾くときは腕をしっかりと支える必要がある→そのためにはどこで腕を支えているかを認識しておく必要があるということです。

 

僕の結論としては、ギターを弾く際の腕は三角筋で支えます。

これは「ギタリスト身体論3」でも詳しく解説しています。

「ギタリスト身体論(1)」で、肩で弦移動しようと書いたのをさらに発展させたかたちです。

実際は上腕二頭筋、三頭筋なども使っていると思いますが、そこはあまり気にせず、三角筋にしっかりと負荷を感じながらギターを構えると、ピックの位置がビシっと定まります。

そうすると、今ピックがどこにあるかがはっきりと認識できるし、その認識した位置とずれていないので、ピッキングがスムーズになるのです。

 

左手は追いつくのに右手がどうも粗い、ピッキングが詰まったり空振りしたりしてコントロールできないという人は、腕がふらふらしている可能性があります。

その場合、どれだけピックの持ち方や指、手首など末端を意識しても、根っこがぐらついているので意味がありません。

また、その状態で何時間エクササイズをやっても無駄です。

まずは腕を支えている土台としての肩をしっかりと認識し、肩にしっかりと負荷をかけた状態で構えます。

といってもこれは結構難しいので一人ではなかなかできません。

興味ある人は教室に来るか「ギタリスト身体論3」の出版をお待ちください。

八幡謙介ギター・音楽教室in横浜

yahatakensuke.com

サウンドハウス

【広告】

 

 

あわせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

八幡謙介の書籍をチェックする

Amazon

楽天

BOOK☆WALKER

peraichi.com