八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

いきものがかり水野良樹氏の歌詞のずるさ2 都合のいい女と何もしない男

前回の記事
いきものがかりの歌詞に浮かび上がる裏主題
いきものがかりの歌詞を読むと、一途な想い、一生懸命さ、未来志向などの主題が読み取れます。
一方で、男性が作詞し、女性が歌うという構造に着目すると、途端に裏主題のようなものが見えてきます。
それを一言でいうと都合のいい女と何もしない男です。
少し詳しく説明すると、
 
  • キラキラ一生懸命な女性主人公
  • その主人公が意中の男性に都合のいいよう頑張る
  • 男は基本、その子のために何もしない

 

いきものがかりの歌詞は、この主題に鋳型のようにがっちりと当てはめられていることが多い気がします。
これを念頭に、いきものがかりの代表曲の歌詞を見ていきましょう。
Starlight Journy

youtu.be

ワケアリのちょっと危険な恋に突き進む女性主人公を歌った作品。

歌詞の端々から不倫や三角関係を匂わせます。

とにかく相手のことが好きすぎて暴走する気持ちを止められない様子が歌詞から伝わってきます。

ヴォーカルの吉岡氏が歌詞を書いているのなら、リアルな女の子の気持ちを想像できますが、書いているのは男性の水野氏です。

自分に恋焦がれ、「もう止まらない」と暴走しているかと思えば、意外と関係を周りに隠してくれる……普通なら『そんな都合のいいオンナいるかよ!』とキレられますが、そこは前回もご説明した通り、女性歌手が歌うことで女性側の視点であるかのように印象を操作しているので、作詞者である水野氏が批判されることはまずありません

そこがずるいというのが今回のシリーズに通徹した僕の意見です。

 

さて、この曲に出てくる男性ですが、僕にはどう読んでもこの主人公を幸せにしようと行動しているとは思えません。

二人の関係は口止めしておきつつ、自分の都合で会って、有頂天にさせるようなことをして、またそそくさと本妻(or本カノ)のところに帰って行く様子が目に浮かびます。

たぶん、最初から御しやすいオンナだと見抜いていたのでしょう

仮に捨てたとしても後に見る「さくら」の主人公のようにすんなり別れてくれるんだと思います。

 

このように、いきものがかりの歌詞には都合のいい女主人公と何もしない男が形を変えて何度も出てきます。

ここが見えてくると、あんなにキラキラと輝いていた曲が一気にゲス味を帯びてきて、作品に深みが増してきます

 さくら

youtu.be

学生時代に付き合っていた彼氏が卒業と同時に街を出ることになり、それをきっかけに別れることとなった二人。

女の子の方はまだその街に残り、今も彼のことを想っている……

春に散るさくらに、別れた彼氏への未練やそれを断ち切って成長する強さなどを重ね合わせた見事な歌詞です。

女性からすれば、未来志向で芯のある健気な女主人公を応援したくなるはずです。

さて、男性からすればどうでしょう?

 

卒業と同時に退屈な地元を出て新天地で再スタートを切る、できれば新しい人間関係を構築して思いっきり楽しみたい!でも地元には学生時代から付き合ってきた彼女がいる……けっこうめんどくさいシチュエーションです。

結婚の意思がなければさっさと別れて新天地で遊びてー!と考えるのが男の性です。

でもゴネられたらどうしよう?こじれて変な噂を地元で流されたらめんどくさいし……

と思っていたら、なんかあっさり納得してくれました

うーん、またしても都合のいい……

そうして男の都合に合わせて、卒業きっかけに綺麗に別れてくれて、まだ健気に彼氏を想って手紙なんか書こうとしたり、わがまま言わずに一人で地元で自分の心に決着を付けて成長しようとしている主人公……。

そんな主人公に元彼は連絡すらしない様子(行間からそう読める)。

またしても都合のいい女と何もしない男という、いきものがかり特有の裏主題が浮かび上がります。

きらり

youtu.be

片思いの女性主人公のキラキラした一途な気持ちを描いた青春ソング。

一度振られてるようですが、まだ諦めきれないのか、一生懸命気持ちを伝えようとする主人公に、女性はつい応援したくなるのでしょう。

問題は相手の男。

一度振った相手ですが、それ以降も普通に接している様子がうかがえます。

女慣れしてそうですねえ

それだけならいいとしても、信号待ちで急に手を握ったりと、思わせぶりなことをして主人公をもてあそんでいます。

これだけでもういけ好かない野郎だと分かります。

それ以外にもちょいちょいちょっかいを出して、主人公に『まだ行けるかも!』と勘違いさせていそうです。

ただ、そこから先には踏み込まないようにしている感じもあります。

なぜなら、主人公は最後の最後まで「想う」だけで止まっているからです。

その想いが成就していないということは、男の方からのアクションがないということでしょう。

男性目線で見ると、『あーあ、上手いことキープされてんなこの子。可愛そう……』という印象。

そうやって男が自分に気のある女をキープしている状態を女性視点で描き、女性歌手に歌わせているのが、知的SMみたいで個人的には面白いです。

水野氏の歌詞に登場する男性に注目しよう
水野氏の歌詞は、どうしても女性主人公に目がいってしまいがちですが、そこにちらっと登場する男性に注目してみると、『なんで?』という疑問が湧いてきます。
こんなに一生懸命想ってくれている女の子がいるのに、なんで応えてあげないんだろう?
なんでこいつは手をつなぐだけしかしないんだろう?
などなど。
ちなみに、もう一人のメンバーの山下氏も結構曲を書いているようですが、わりと男性目線が多いようです。
水野氏のような構造の複雑さ、ずるさはない気がします。 
 いきものがかり水野良樹氏の歌詞のずるさ3
いきものがかり 音源
SAKURA

SAKURA

  • 発売日: 2019/10/01
  • メディア: MP3 ダウンロード
 
STAR LIGHT JOURNEY

STAR LIGHT JOURNEY

  • 発売日: 2019/11/02
  • メディア: MP3 ダウンロード
 
キラリ

キラリ

  • 発売日: 2019/10/01
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

サウンドハウス

【広告】

 

関連記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

八幡謙介ギター・音楽教室in横浜

yahatakensuke.com

八幡謙介の書籍

Amazon

楽天

BOOK☆WALKER

peraichi.com