八幡謙介ギター教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介がギターや音楽について綴るブログ。

八幡謙介ギター教室in横浜
「一般コース」「プロ養成コース」
初心者/プロ志望対応
リンクをクリックしてHPをチェック!

2018-05-01から1ヶ月間の記事一覧

AKB48 53rdシングル世界選抜総選挙は海外勢への”位打ち”(くらいうち)である

もはや6月の風物詩となったAKB48選抜総選挙ですが、今年2018年はなんと世界選抜となっています。 今までは国内48グループのみだったのですが、今回はインドネシアのJKT48、台湾のTPE48、そしてタイのBNK48からも立候補を受け付けています。

Blues Juniorが5ヶ月ぶりに修理・モデファイから帰ってきた

Blues Juniorを修理に出したら… Blues Juniorが先日やっと帰ってきました。 5ヶ月ぶりに…… 地方の修理屋さんに出していたんですが、なぜそんなところに出したかというと、以前そこに真空管の交換をお願いしたときに対応がよかったからです。

アドリブは安定期が一番怖い アドリブの「やっつけ感」について

アドリブ初心者は、とりあえず安定したアドリブを目指していると思います。 おおよそどんな曲でもロストせず、練習したフレーズを出せて、それなりにインタープレイもできる。 確かにそこに到達するだけでもかなりの努力が必要です。 また、プロを目指す人は…

ミュージシャンに「将来どうするの?」って訊いてくる人、自分は安泰だと思ってんの?

さすがに最近は言われませんが、ちょっと前までは必ずといっていいほど「将来どうすんの?」と訊かれました。 ミュージシャンに限らず、漫画家やイラストレーター、今ならYOUTUBERの人とか必ず訊かれるでしょう。 訊いてくる人はだいたい会社員だったり、一…

はじめてのジャズ 39 プレイヤー視点での「サジェスチョン」

前回、ジャズ特有の「サジェスチョン」について書きました。リスナーとしてはただ楽しんだり感心すればそれでいいんですが、プレイヤー視点で捉えると、きちんとサジェストできるかどうかはジャズミュージシャンになれるかどうかの一つの試練だと考えます。

はじめてのジャズ 38 ジャズを勉強してみよう⑦ サジェスチョンを聴きとろう

ジャズの世界でしばしば「サジェスチョン」という言葉が使われます。

欅坂46「真っ白なものは汚したくなる」が名盤すぎる

アイドルファンにはもう古い情報かもしれませんが、欅坂46の1stアルバム「真っ白なものは汚したくなる」が名盤すぎるので遅ればせながらご紹介します。 真っ白なものは汚したくなる(通常盤) アーティスト: 欅坂46 出版社/メーカー: SMR 発売日: 2017/07/19…

速弾きを練習している人はTABでフレーズを覚えた後も一応耳コピした方がいい

ロックのピッキング研究の集大成としてずっとイングヴェイのFar Beyond The Sunを練習しているんですが、ある箇所でつまずいてしまいました。 ソロに入ってからキーボードとトレードしだして2回目のキーボードソロの後の部分です。 たぶんこの曲で一番か二…

ミュージシャンなら知っておくべき黒人の呼称

ミュージシャン、特にブラックミュージックが好きな人なら必ず知っておくべき黒人の呼称についてお話します。 音楽だけ聴いてノリで使ってしまいそうな言葉もあるのでぜひ覚えておいてください。 Black(ブラック、黒人) わりとこれが差別用語だと思ってい…

ギターのテクニック「スライド」をなんとなしに使うと非常にもったいない

ギターのテクニックで「スライド」というものがあります。 知らない人はほとんどいないでしょう。 実はこれもけっこうなんとなくで使っている人が多いようです。 横浜ギター教室の生徒さんで歴10年20年の人でも「入れときゃいい」みたいな感覚でスライド…

チョーキングと表現 チョーキングは弦を上げて音程を変えるだけではない

チョーキングについて研究しているギタリストは多いと思います。 しかしその研究は、どちらかというとピッチを正確にするにはどうすればいいかとか、腕に負担をかけないためにはどうすればいいかといったことに終始しているように思えます。 確かにそれらも…

Fender USAストラト(ヴィンスト)にYJM FURYを載せてみた

第一印象は太くてクリア。 そしてノイズレス。 まんま「あの音」になるのかなと思いきや意外とそうでもなく、個性丸出しといったピックアップではないようです。 使ってみると、クランチ程度ではそれほど歪みが乗らず、別のストラトだったらもう少し歪んでい…

27クラブ(27:Gone Too Soon)

音楽界の伝説「27歳クラブ」を分かりやすく解説したドキュメンタリー。 音楽界の識者による冷静な分析と「伝説的なミュージシャンは皆27歳で死ぬ」というセンセーショナルな都市伝説のミスマッチが絶妙。

ネックプレートをチタン製に換えてみた結果

横浜ギター教室の生徒さんからストラトのネックジョイントプレートをお借りして換えてみました。 材質はチタン、メーカーはKTSです。 KTS ( ケーティーエス ) / Titanium Neck Joint Plate ギターはフェンジャ(アルダー・ローズ)、オリジナルのプレートは何…