八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

ストラトのネックジョイントプレートをKTS(チタン製)に換えてみたら

八幡謙介の書籍

教室の生徒さんからストラトのネックジョイントプレートをお借りして換えてみました。

材質はチタン、メーカーはKTSです。

KTS ( ケーティーエス ) / Titanium Neck Joint Plate KTS ( ケーティーエス ) / Titanium Neck Joint Plate

ギターはフェンジャ(アルダー・ローズ)、オリジナルのプレートは何か知りません。

 

さて、サウンドはどうなったかというと、

チタンネックジョイントのサウンドは?
  • ぼんやり感がすっとまとまってシャープになる。
  • 少しだけハイが足される。
  • すっきりタイトな音になる。
  • ドライ感が強くなる。

 

という感じです。

微細な違いを聞き分けてやる!というつもりで交換したんですが、けっこうはっきり変わってびっくりしました

 

方向性としては、現代的なDTMによく合いそうなサウンドに変化した気がします。

空間の中でのいい音というよりは、ライン録りでのドライ感(デッド感?)の中でいい音を出せそうな感じです。

空気感重視の人、すっきりした音が嫌いな人は向いてません。

 

個人的には、ストラトの良さ(フェンダーの良さ)を殺してギターの音を良くしているような印象を受けました。

ハイエンドギターが好きだけど買えないという人にはいい買い物になると思います。

【広告】

 

関連記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

八幡謙介ギター・音楽教室in横浜

yahatakensuke.com

八幡謙介の書籍

Amazon

楽天

BOOK☆WALKER

peraichi.com