八幡謙介ギター教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

【広告】

フュージョン嫌いの僕でも聴けるフュージョンアルバム3選

何度も書いてますが、僕はフュージョンというジャンルが嫌いです。

k-yahata.hatenablog.com

しかしそんな僕でも気がつけばもう20年以上聴いているフュージョン作品があるので、今日はそれらをご紹介します。

 

 Jeff Beck 「Blow By Blow」

ブロウ・バイ・ブロウ

ブロウ・バイ・ブロウ

 

言わずと知れたロックフュージョンの金字塔。

中学生の頃から聴いているので、かれこれ25年ぐらいですが、たまーに思い出したように聴いています。

フュージョンといっても初期なので、グルーヴは生々しくてロックです。

改めてテンモニ(YAMAHA NS-10M)で聴くとギターの細かなところまで聴けてゾクゾクしました。

ちなみに僕は「She's a Woman」が一番好きです。

 

 Lee Ritenour and Larry Carlton 「Larry&Lee」

ラリー・アンド・リー

ラリー・アンド・リー

  • アーティスト: リー・リトナー・アンド・ラリー・カールトン,リー・リトナー,ラリー・カールトン
  • 出版社/メーカー: MCAビクター
  • 発売日: 1995/04/21
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

日本でのライブ映像をWOWWOWかなんかで観てかっこいいなと思い、それ以来ずっと聴いてます。

ほぼリアルタイムで知ったので、これもかれこれ25年近く聴いてますね。

個人的に、ラリー・カールトンもリー・リトナーも単体では全然興味ないのですが、このアルバムは魔法がかかったように素晴らしいです。

リズム隊のグルーヴもサラサラしすぎず、いい感じにファットで心地いいです。

ドラムはハービー・メイソンだそうな(デニチェンかと思ってた…)。

でもラリーとリー、それぞれ単体では全然興味ないんですよねえ…

ラリー・カールトンの「ROOM 335」も今年になってはじめて、レッスンの教材としてちゃんと聴いてコピーしたぐらいですから。

リトナーに至っては何も知らないし、聴く気もない。

全曲いいですが「Fun In The Dark」という曲が西海岸ぽくてお気に入りです。

 

今剛 「2nd ALBUM」

2nd ALBUM

2nd ALBUM

 

凄腕ギタリスト、今剛のアルバム。

これは2009年発売ですが、それ以来ずっと聴いてます。

カテゴリーとしてはフュージョンなんですが、カシ○ペアとか○-Squareみたいな朝のデパートでかかってるようなダサ爽やかな感じではなく、ちょっとダークで不良な匂いがあって好きです。

サウンドもいい意味で陰にこもったというか、ちょっと湿った感じがあって個性的です。

僕は「Lost In Asia」という曲がお気に入り。

 

以上3枚はフュージョン嫌いの僕が何年も聴いているので、同じくフュージョンが嫌い、苦手という人でもいけると思います。

よかったら聴いてみてください。

yahatakensuke.com

【広告】

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com


【広告】