八幡謙介ギター教室in横浜講師のブログ

【横浜ギター教室】講師八幡謙介が横浜でのギターレッスンや音楽について綴るブログ。ジャズ多め。

Room335解説7 サビのコード進行解説


*マークの出典は全て「SONG TO SOUL Room335/ラリー・カールトン」。リンクは記事末参照。

前回の記事

k-yahata.hatenablog.com

ラリー・カールトン関連グッズをAmazonでチェックする

Room335のサビ

さて、この曲最大の山場であるサビを解説してみましょう。

メロディに関しては特に説明することもないので飛ばします。

問題はコード進行ですね。

ロック一辺倒だったり、ちょっとポップスやR&Bをかじった程度では全く理解できないという人も多いと思います。

また、なんとか覚えはしたものの、何がどうなっているのか分からないという人もいるでしょう。

そこで本シリーズでは単にコード進行をなぞったり、理論を解説したり、ダイアグラムを掲載するだけじゃなく、流れをどう理解すればいいか、パーツパーツをどう捉えればいいかを解説していきたいと思います。

全体

ではまずサビのコード進行を掲載しておきます。

知らない方はとりあえず一通り弾いてみてください。

セブンスかトライアドか(例えばDなのかD△7なのか)、テンション表記や分数コードの表記、このコードは挿入するべきかどうかなどなど、バリエーションはいくらでもあります。

そもそもこのコード進行の上でアドリブを行うので、どれが正解かどうかを議論するのはナンセンスで、楽曲として成立していれば何でもOKです。

まあその辺もロックと文化が違うので混乱しがちなところです。

細かい表記はあまり気にしないでください。

本シリーズでは上記のコードを基準に解説していきます。

D△7

まずはD△7。

Dのトライアドと捉えても構いません。

サビからはキーがDになるのでここから始まってここに帰ってくる、基準となるコードです。

F♯7

譜面によってはF#7#5と書かれてあるケースもあります。

これもまあどっちでもいいでしょう。

#9や♭9などのテンションが表記されていることもあると思います。

 

このF#7は次のB-7に向かうためのコードです。

仮にキーがBマイナーになったとすると、F#はキーのⅤ7となりますよね?

ですからここで早くも

 

F#7   B-7

Ⅴ7  Ⅰ-7

 

と転調していると捉えましょう。

もちろんこれをDキーで

 

F#7   B-7

Ⅲ7  Ⅵ-7

 

と捉えることも可能ですが、今後のめまぐるしい転調についていくためにはここで既にキーがBに変わっていると考えておいた方がいいと僕は思います。

そうすることでF#7を単体で捉えるのではなく、B-7に向かうためのコードであると理解できるので、流れが把握しやすくなります。

B♭-7

もしかしたらこの曲でB-7の後のB♭-7を初めて見るという方もいるかもしれません。

これはあってもなくてもどっちでもいいコードです。

原曲のベースを聴くと高確率でB♭の音を弾いています(毎回ではない)。

ではなぜここでB♭-7が出てくるのか。

流れを見てみましょう。

B♭-7がない場合だと、

 

| F#7 | B-7 | A-7  D7 |

 

となります。

先ほど解説したように、一旦B-7に落ち着き、そこからすぐに| A-7  D7 |と続きます。

そのB-7とA-7の間にB♭-7を挿入することにより、B→B♭→Aという流れが生まれます。

B-7→A-7だけだとやや流れが途切れる印象もなくはないので、つなぎとしてB♭を入れることはわりとよくあります。

タイミングはB-7を2拍の後にB♭-7でもいいし、B-7を3拍弾いて4拍目でB♭-7でもどっちでも構いません。

個人的には後者を想定しています。

A-7 D7 G△7

さて、A-7に来ました。

B-7から半音で下がってきて、あたかもA-7に着地したような気がしますが、実はここは、

| A-7 D7 | G△7 |

でひとつのグループと考えるべきです

そう、GキーへのⅡ-Ⅴ-Ⅰです。

G△7の後に| G#-7(♭) C#7 |がありますが、それはまた別のグループとなるので今はないものと考えましょう。

G#-7(♭5) C#7

次に| G#-7(♭) C#7 |が登場します。

これは新たにF#-7へと向かうⅡ-Ⅴです。

F#-7に着地しているのでF#マイナーキーに転調していると考えてもいいでしょう。

ただし、そのF#-も次の展開へのⅡとなっています。

F#-7 B7 E△7

ここはEへのⅡ-Ⅴ-Ⅰであり、Eキーへの転調です。

F#-7はF#マイナーキーのⅠであり、EキーのⅡでもあります。

再度F#-7

さて、E△7の後、再びF#-7が登場します。

こちらはEキーのⅡとしてのF#-7です。

また、次のG-7へのつなぎと考えてもいいでしょう。

G-7 C7 D△7

折り返しに来ました。

Ⅱ-Ⅴ-Ⅰは分かるけどここの解釈がどうも……という方も多いかと思います。

| G-7 C7 | と続くので『なるほど、F△7へのⅡ-Ⅴか!』と早合点する人もいるかもしれませんが、ここは| G-7 C7 | D△7 |という解決になります。

Ⅳ-7 ♭Ⅶ7 Ⅰ△7という、ジャズでよく見られるパターンですね。 

Ⅳ-7なしで♭Ⅶ7 Ⅰ△7だけというパターンもよくあります。

その中にC7 D♭7という細かいコードが設定されています。

このD♭7(あるいはC#7)は、ハーモニー上特に深い意味はありません。

 恐らくCからDに半音で寄せたかっただけでしょう。

F#-7 A7 E-7 A7

後半、同じコード進行が続き、| G#-7(♭) C#7 |から今度は| F#-7 B7 | E-7 A7 |と続きます。

これは素直にⅢ-7 Ⅵ7 Ⅱ-7 Ⅴ7というDキーのⅠに向かっている流れだと解釈して構いません。

G△7

普通ならこの流れでDに解決して一件落着となりますが、そこで満足しないところがカールトンの凄さでしょう。

ここからもう一ひねりしてなんとGに着地します。

個人的にこの曲のコード進行で一番驚いたのがここです。

Gに着地する意味は、恐らくまろやかなサプライズでしょう。

何も考えずに聞き流していると、なんとなく違和感を感じるものの、G△7もDのキーのコードなので、ほとんど転調している印象はありません。

そこからすぐにDに向かう流れになりますし。

そもそもこの曲は頭からして本当はキーAなのにDの匂いを出しているので、それを踏襲して、今度はキーDなのにわざとその匂いをぼかしたのでしょうか?

G△7 D9/F# E-7 D△7

そこから| G△7 D9/F# | E-7 D△7 |と、すぐにDキーに向かっていきます。

このG△7をDのⅣ△7と捉えてもいいでしょう。

そうすると、

Ⅳ△7 Ⅰ9/Ⅲ Ⅱ-7 Ⅰ△7

とも解釈できます。

ここはどっちでも構いません。

 

最後はイントロと同じパターンになります。

 

 

ラリー・カールトン関連グッズをAmazonでチェックする

*出典BS-TBS「SONG TO SOUL〜永遠の一曲〜」|「Room335」ラリー・カールトン

 

 

次の記事を読む

k-yahata.hatenablog.com

Room335オリジナル音源をチェックする
夜の彷徨(さまよい)<FUSION 1000>

夜の彷徨(さまよい)<FUSION 1000>

Amazon
Room 335

Room 335

  • 335 Records
Amazon

ラリー・カールトン関連グッズをAmazonでチェックする

Room335講師演奏

youtu.be

ラリー・カールトン関連グッズをAmazonでチェックする