八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

コスパ最強自宅用アンプ!  Fender Champion20で安くフェンダーサウンドを手に入れよう!

Fender Champion20 
先日購入したFender Champion20という小型アンプが思いのほかよかったので、再レビューします。
前回の記事はこちら。
このアンプは以下の人に向いています。
 
  • お金がない
  • 自宅用のアンプが欲しい
  • でかい機材を置く場所がない
  • Fenderの音が好き、興味がある
  • できればモデリングじゃなくアンプから音を出したい
  • Fenderらしいクリーンが出ればそれでいい
  • エフェクターは持ってる

 

逆に、以下の人には向いていません。

 

  • ライブで使うアンプが欲しい
  • でかいのが欲しい
  • アンプは歪ませて使いたい、アンプで歪みを作りたい
  • アンプ内蔵エフェクターに期待している
 Fender Champion20の使い方

Fender Champion20の使い方はたった一つだけです。

 

  • 「VOICE」を「TWEED」チャンネルのプリセット二つ目か三つ目にする
  • 基本「VOLUME」で音量を調節し、「GAIN」は味付け程度に
  • エフェクターは外部から(リバーブは使えなくもない)

 

いろんな機能には一切期待せず、「TWEED」チャンネルのクリーン一択で使うと、コスパ最強アンプとして機能します。

それも、『まあこの値段でこれなら我慢できるか…』ぐらいじゃなく、ちゃんと太くていい音が出るので、弾いてて楽しくなりますよ。

普通にこの音一択で「GAIN」もなしで、イコライザーにMIDがついてて、リバーブだけつけて1万円切ってたらベストセラーになったと思うんですが……

それぐらいちゃんとしたフェンダーサウンドが出ます。

もちろん真空管とはまた質感が違いますが、Roland系の冷たい音ではありません。

現行ギターはソリッドステートの方が合う?

最近、現行ギターはソリッドステートの方が合ってる気がしてきました。

真空管のある種のきつさと現行ギターのレンジの広さ(特に最近のモデル)は相性が悪い気がします。

ヴィンテージギターならミドルにギュっと寄っているので、真空管のハイやローを変に増幅させないような気がします。

なんでもかんでも真空管が最高!というのは違うんじゃないかと思います。

もちろんそれはヴィンテージギターにも言えますが。

 

話は逸れましたが、ソリッドステートの小型多機能アンプに偏見がなく、上記の条件でよければ一度Champion20は使ってみて損はないと思います。

教室をやってる講師さんにもレッスン用におすすめです。

 

Fender Champion20をチェックする

FENDER ( フェンダー ) / Champion 20

FENDER ( フェンダー ) / Champion 20

  • Amazon

サウンドハウス

【広告】

 

あわせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

八幡謙介ギター・音楽教室in横浜

yahatakensuke.com

八幡謙介の書籍

Amazon

楽天

BOOK☆WALKER

peraichi.com