八幡謙介ギター教室in横浜講師のブログ

横浜でギター教室を運営するギタリスト八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

Gibson Les Paul Traditionalレビュー

サウンドハウス

横浜ギター教室の生徒さんが購入されたGibson Les Paul Traditionalを弾いてみました。

何年製造のモデルかは聞き忘れましたが、59年のレプリカだそうです。

 

以前ヴィンテージの特徴として、入力(ピッキング)に対する耐性があることを挙げましたが、

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

このLes Paul Traditionalも強くピッキングしてもしっかり耐えてくれていました。

というか、持ち主の生徒さんにもその辺はしっかりレクチャーしてあるので、そこもちゃんと含めて購入されたようです。

レプリカでない現行のものや製造時期が違ったらもうちょっとハイが暴れると思います。

ただ、ヴィンテージよりはミッドの押しが弱く、よくも悪くもバランスがいい気がしました。

 

ギターに耐性があるので、ストラトと同じしっかりしたピッキングでもいい音がしていました。

僕のようなストラト使いには弾きやすいレスポールです。

 

ピックアップはどこを選択してもすっきり弾きやすい音が出ていました。

リアもギャンギャンと暴れずに落ち着いたままで、ちょっと拍子抜けはしますが、扱いやすそうです。

普通にカッティングしても全然大丈夫です。

暴れる音をソフトピッキングで制御したい人にはちょっと物足りないかもしれませんが。

ただ、ネックPUの鼻詰まり感はあまりなく、あれが好きな人にはハマらないと思います。

あれってヴィンテージじゃないと出ないんでしょうか??

 

このブログでも何度も言ってますが、いいギターはレンジが狭いです。

余計なハイやローが出ないからです。

レンジが広くて高いギターもありますが、僕はそれをいいギターだとは思いません。

レンジが広いと印象が強く、楽器としての幅が広い気がしますが、キンキンのハイや腹に響くローなんてアンサンブルに埋もれて邪魔になり、どうせ後でミックスで削るので意味がないです。

ギターに必要のない帯域を最初から親切に削って作ってあるのがヴィンテージ……というのが僕の持論です。

だから現行のギターで音はいいけど意外とレンジ狭いなと感じるものがあれば、それはいいギターだと思っていいでしょう。

古き良きギターのレンジの狭さをしっかりと取り入れているので。

それだけでも買うメリットは全然あると思います。

レンジの派手さに騙されて興奮して買っても、後で苦労するのがオチでしょう。

レンジの広い100万円のヴィンテージレプリカと、レンジの狭い15万円のヴィンテージレプリカなら、後者の方がいいギターだと僕は思います。

あとはその狭いレンジをピッキングでどう生かすか。

そこは教室で教えているので知りたい人はお越しください。

 

 

あわせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com