八幡謙介ギター教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介がギターや音楽について綴るブログ。

八幡謙介ギター教室in横浜
「一般コース」「プロ養成コース」
初心者/プロ志望対応
リンクをクリックしてHPをチェック!

2015-08-01から1ヶ月間の記事一覧

ジャズギターがつまらない理由 12 衣装がダサい

「ジャズに人が集まらない理由」でもジャズミュージシャンのダサさを書き、一定の反響がありましたが、僕はその中でも特に、フュージョン系ジャズギタリストの衣装のダサさには昔から辟易してきました。

ジャズギターがつまらない理由 11 他楽器への対抗意識から生まれる取って付けたような演奏

これまで、ジャズギターはそもそもジャズの中でポジションが中途半端であることや、機能的に他の楽器と同じようなことから「なんでもできる」と勘違いしやすい、ということを書いてきました。 さらにジャズギタリストには、なぜか他楽器への対抗意識が強いと…

ジャズギターがつまらない理由 10 ジャズはパフォーマンスを免除されているという勘違い

①ロックを始める ②ライブなどの活動を行うも、ロックのパフォーマンスになんとなく疲れてくる ③ジャズを知る ④ジャズならロックみたいにパフォーマンスしなくてもいいと勝手に解釈 ⑤ジャズギタリストになる

ジャズギターがつまらない理由 9 ギターデュオという、ギタリスト以外誰も興味ないフォーマット

ジャズは様々なフォーマットで演奏されます。 最もポピュラーなのは、ウッドベース、ドラム、ピアノ、そして管楽器です。 それ以外にも、大所帯のビッグバンド、ドラムレストリオ、デュオ、ソロなどがあり、好みが分かれるところです。 そんな中ジャズギタリ…

ジャズギターがつまらない理由 8 実はギターではスゥイングし辛い

ジャズには独特のリズムがあります。 それがスゥイングです。 分からない場合は、シャッフル(タッカタッカと跳ねるリズム)と似たようなものだと思ってもらって結構です。

ジャズギターがつまらない理由 7 なんでもできるという幻想

ジャズギタリストは「何でも屋」です。 通常のソロやバッキングに加えて、ピアノのような複雑なヴォイシングを使ったり、ベースラインを弾いたり、パーカッションのようなアタックを加えたり、さらにはそれらを同時に行うことも可能です。 しかし、これらは…

ジャズギターがつまらない理由 6 内輪ノリが過ぎる

ジャズギターは、楽器の構造上、あるいはサウンドの性質上、どうしてもジャズの中心的な楽器にはなれないということをご説明しました。 しかし、なぜかギタリストは――ジャズに対する初期衝動もないのに――ジャズの世界で圧倒的な人口を占めています。

ジャズギターがつまらない理由 5 サウンドの魅力が分かり辛い

ジャズギターの大きなディスアドバンテージとして、サウンドがあると思います。 いや、僕は大好きですよ。 ケニー・バレルやグラント・グリーンの枯れた渋いサウンドは、今聞いても鳥肌ものです。

ジャズギターがつまらない理由 4 他ジャンルのギターに対しての無意識の優越感

ギター(特にエレキギター)という楽器は、様々なジャンルの音楽に使われます。 そして、ギタリスト以外はわかりにくいかもしれませんが、ギターの世界には、どのジャンルを演奏しているか、あるいは単純にどのジャンルが弾けるかによってカーストが存在しま…

ジャズギターがつまらない理由 3 ジャズギターはあらゆる局面で中途半端になりがち

ジャズギターは、ジャズ演奏のあらゆる局面で中途半端になりがちです。 必ずそうなるとはいいませんが、そうなりがちであることは否めません。 ソロの花形はやはり管楽器ですし、ハーモニーはピアノに比べてどうしても劣ってしまいます。

ジャズギターがつまらない理由 2 情熱がイマイチ伝わらない ~ジャズギタリストの初期衝動について

芸事において、「初期衝動」とはかなり重要なものです。 生まれてはじめて観たアーティストに魂を揺さぶられ、以後その道を突き進んできた、というアーティストは大勢います。

ジャズギターがつまらない理由 1 

「ジャズに人が集まらない理由」に続き、聖域なきジャズ批判第二弾を開始したいと思います。 今回は僕の古巣といってもいいジャズギターです。

記号を越えた先に本当の音楽がある

演奏には二種類あります。 記号に支配されたものと、記号を越えたもの。 前者はいくら上手でも冷たく、遠い印象です。 後者は下手でもなにがしか伝わるものがあるはずです。

速弾き練習の盲点 力みの連鎖

フレーズは弾けるのにいざと通しでソロを弾いてみると必ず詰まる箇所がある、ということは多いかと思います。 僕もTrilogyを練習していてそういう部分がいくつかありました。 それを克服するための練習法を探っていくうちに、あることに気がつきました。

速弾きで腕を壊す可能性について

速弾きは、ざっくり言うと二種類あります。 ひとつは弾けている速弾き、もうひとつは、弾けてしまっている速弾きです。 弾けている速弾きとは、体を無理なく使い、リラックスした状態で弾けているもの。 弾けてしまっている速弾きとは、力みや無理なフォーム…

音楽は技能を証明するためのツールではない

音楽を、自分の技能を証明するためのツールだと捉えている人が意外と多いような気がします。 「自分はこんな技術を持っているよ」「こんな難しいチェンジでもすらすら弾けるよ」……そういった文脈で演奏されている楽曲は、聴けばすぐわかります。