八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

Fender(フェンダー)のアンプがなんであんなにキツイ音がするのかがわかった気がする

Fenderのアンプはキツイ

弾いたことのある方はご存じでしょうが、Fenderのアンプの音はまーキツイです。

ハイはギャンギャン出るし、ローもズゴーンと響いたり、モデルによってもちろんキャラクターはありますが、総じてやりすぎな感は否めません。

これまで、なんでこんなきっつい音にしたのかよくわからず、まあアメリカ人は極端だからと勝手に思っていましたが、先日ヴィンテージギターを入手し、しばらく使っていて「あ、そうか!」と腑に落ちたので書いておきます。

ヴィンテージギターのサウンド 

以前こちらの記事に書きましたが、

k-yahata.hatenablog.com

ヴィンテージギターはレンジが狭いです。

ざっくり言うとハイミッドを中心にキュッと寄せており、耳に痛いハイや腹に響くローは出ません。

Fenderのアンプは恐らくそれを補うためにハイやローが極端に出るよう設計されているのでしょう。

設計当時はヴィンテージギターしかなかったでしょうし。

Fenderのアンプはヴィンテージギターとセットではじめて生きてくる 
つまり、Fenderのアンプはヴィンテージギターとセットで使って初めて意義を為すのです。
現行のレンジの広い、無駄にパワーのあるギターとFenderのアンプは、ご存じの通りToo-Muchで非常に扱い辛いものとなります。
だからイコライザーやエフェクターで調節するという本末転倒なことをしないといけなくなります。
そんなことをしなくても、普通にヴィンテージギターとFenderアンプを使えばアンプがギターに足りない帯域を補ってくれるので、すっきりするはずです。
もちろん組み合わせにもよるでしょうが。

<img src=”fenderamp.jpg” alt=”Fenderのアンプは音がきつい”>

ヴィンテージギターとRoland Blues Cube

あと、ヴィンテージを買って、改めてRoland Blues Cubeのよさが分かりました。

なんというか、このアンプでちゃんとヴィンテージの音を受け止めてくれます。

そういえば生徒さんのヴィンテージギターを弾いたときもアンプの物足りなさは全く感じませんでした。

Blues Cubeがプロに人気が高いのは、そういうことなのかもしれません。

ちゃんとヴィンテージが使えて、さらに真空管のめんどくささがないとなると、プロが使いたがるのは当然でしょう。 

関連記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

【広告】

 

八幡謙介ギター・音楽教室in横浜

yahatakensuke.com

八幡謙介の書籍

Amazon

楽天

BOOK☆WALKER

peraichi.com