八幡謙介ギター教室in横浜講師のブログ

横浜でギター教室を運営するギタリスト八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ


八幡謙介ギター教室公式LINEアカウントを友だち登録する!


質問、相談、ブログや教則本の感想、その他メッセージをお送りいただければご返信します。

友だち追加

STRYMONの IRIDIUMレビュー(追記:動画あり)

サウンドハウス

以前から気になっていたアンプシミュレーターがあります。

それがこちら、STRYMONのIRIDIUMです。

西海岸の比較的新しいメーカーだそうですが、音が良いと評判で、YOUTUBEではレビューがめちゃくちゃ出てます。

値段が高いのと、誰が弾いても同じような音がしているので「どうかなー」と悩んでいましたが、先日テンモニとSONY ZS-M5を売って軍資金はある程度あったので、思い切ってポチりました。

先に結論を言っておきます。

これ、めちゃくちゃいいです。

ampはround、chime、punchという3種類があって、それぞれFender、VOX、MARSHALLに寄せています。

まだ軽くしか使ってませんが、round(Fender)だけでもう買ってよかったと思いました。

サウンドはややハイ寄りで、めっちゃ抜けるセッティングに最初から固定してある感じです。

また、Bass、Middle、Trebleのツマミが全然効かないので、どういじっても音が悪くなりません。

あえてそう設定して、変な音が出ないようにしているんでしょう。

ちょっと日本的な発想のプロダクトです。

じゃあ使い辛いのかというとそうではなく、固定されたサウンドがめちゃくちゃいいので、何してもいい音が出てきます。

レビューを観て感じた、誰が弾いても同じ音というのはそういう仕組みです。

とにかく、何してもいい音が出るのでストレスがありません。

個人的にそういう機材はつまんないと感じる方なのですが、IRIDIUMは音の良さがつまらなさに勝ってます。

 

追記:IRIDIUMで弾いた動画です。

youtu.be

本機はアンプシミュレーターではありますが、僕が弾いた感じではFenderやMarshallをそこまで忠実に再現したものではありません。

かなり「ぽい」んですが、そこまで寄せてません。

実機を真似しようとするあまり使えない音になっているシミュレーターは多く存在しますが、IRIDIUMは「実機を再現」という選択肢を捨てることで、より良い音を獲得している気がします。

実機に迫る音が欲しければLINE6とかのほうがいいのではないかと思います。

 

IRIDIUMを買って、もうアンプはこれでいいと感じました。

個人的にchime(VOX)はイマイチですが、round(Fender)とpunch(Marshall)で十分いろいろできます。

アンプはずっとRoland Blues Cubeを使ってますが、そっちは一番フラットなセッティングにして、スピーカー代わりにしています。

いっそJCみたいな無個性なアンプの方がIRIDIUMの音が映えるんじゃないかという気もしてきました。

JC-22あたりに買い換えるのもありですね。

 

IRIDIUMを使った後、ふとBlues Cube直で弾いたら、あまりに味がなくてもう弾けなくなりました。

凹凸のなさがありありとわかります。

逆にその方がスピーカーとして使いやすいのかもしれませんが。

アンプに個性があると、IRIDIUMの凹凸が変にブーストして使い辛くなるかもしれません。

真空管アンプにIRIDIUMを使うと大変なことになりそうです。

無個性なアンプ(スピーカ-)と合わせると真価を発揮してくれると思います。

STRYMON ( ストライモン ) / IRIDIUM
STRYMON ( ストライモン ) / IRIDIUM

八幡謙介ギター教室HPを見る

yahatakensuke.com

 

 

あわせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com