八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

自分が気持ちいいことが他人も気持ちいいとは限らない、という当たり前のことを再確認しよう

アーティストは「気持ち良さ」を追求するべきか?

ある種のアーティストやインストラクターは、気持ちいいことを追求するべきだと、まるでそれが真理であるかのように言います。

僕はこれに反対です。

というのは、自分が気持ちいいことが他人も気持ちいいとは限らないし、得てしてそうではないことの方が多いからです。

また、一般社会では、自分が気持ちよくなろうとする場合、自分がお金を払うのが当たり前だからです。

 

お金を貰いたければ、他人を気持ちよくさせるのが最低限の条件であり、姿勢でもあります。 

自分が気持ちよくなるためにお金を貰うなどという都合のいいシステムを、社会は許してくれません

<img src=”pleasure.jpg” alt=”人を気持ちよくする”>

音楽は他人を気持ちよくさせるもの

自分だけが気持ちいいことをやっているとき、他人は概ねそれを不快に感じます

あれこれ想像してみるとわかりますよね?

一方、他人を気持ちよくさせているとき、自分は辛かったりします

これも、あれこれ想像してくださいw

そして、音楽は他人を気持ちよくさせるものなので、そのとき自分は辛いと考えるべきです

 

もちろん、気持ちよくなっている他人を見て自分も気持ちよくなってくるという現象はありますが、「まず自分」ではないところがポイントです。

そういったことを踏まえて、僕は「気持ちよく○○しなさい」とは言いません。

今まで習ってきた先生にときどきそう言われて実践してみましたが、うまくいった試しがないからです。

逆に、自分が違和感を感じていたり、しんどいとき、他人が気持ちよくノってくれていたり、あとで褒められたことが多いと感じます。

文章も同じです。

自分が苦しんだ所の方が評価が高かったりします。

 

このギャップがわかってくると、ちょっとずつ他人を楽しませる、気持ちよくさせることができるようになり、その分リアクションも増えてきます。

くれぐれも、自分が(先に)気持ちよくならないようにしましょう。

【広告】

 

関連記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

八幡謙介ギター・音楽教室in横浜

yahatakensuke.com

八幡謙介の書籍

Amazon

楽天

BOOK☆WALKER

peraichi.com