八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

ギターの弦高 ベストは? 最近はちょっと高めの方がいい気がしてきた

弦高が低いと弾きやすいけど…

僕はどちらかというと弦高はぎりぎりまで下げて弾く派でした。

その方がフレットと弦の距離が短くなるので絶対に弾きやすいからです。

しかし、最近はちょっと高めでもいいかなと思うようになりました。

なぜかというと、弦高が低いとちょっとでもネックが反ったときにすぐビビってめんどくさいからです。

リペアに出してネックを真っ直ぐにしてもらい、同時に弦高もそれに合わせてできるだけ下げてもらいます。

返ってきてすぐはもう完璧で気持ちよく弾けるのですが、だいたい数日経つとちょっとビビりはじめます。

特に安いギターだとそれが顕著です。

で、すぐネックをいじったり、湿度管理を厳しくしたりとめんどくさいことををしてしまいます。

しかし、最近は「ちょい弦高高いかな」ぐらいで我慢するようにしています。

すると、ちょっとぐらいネックが反っても そんなにビビらないし、ほっといたらまたそのビビりが直っていたりします。

あんまり反りすぎるとさすがにトラスロッドをいじりますが、それも以前ほど回さないようにしているのでネックにもやさしいはずです。

 

楽器というものはだいたいどこかで妥協しないといけないものですが、ギターの場合弦高で妥協しておくと他の大事な部分を守れるような気がします。

八幡謙介ギター・音楽教室in横浜

yahatakensuke.com

サウンドハウス

あわせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

【広告】

 

 

八幡謙介の書籍をチェックする

Amazon

楽天

BOOK☆WALKER

peraichi.com