八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

歌ものをやるギタリストはアッシュボディのギターを持っとくといいかもしれない

ギターに使われる木材

ストラトでよく使われるボディ材はアルダーとアッシュです。

で、今回は材質とジャンルについて私見を述べておきます。

個人的に、アッシュのストラトはポップス系の歌もののオケに合うと思います

アルダーほど歪みがブリンブリンいわないし、ギター的な自己主張が少ないからです。

だから、ギターが前に出ないアレンジの曲には、アッシュボディの音はかなり重宝するのではないでしょうか?

もちろん、その逆でギターが全面に押し出されたものもあるのでしょうが、歌ものの守備範囲でいうとアッシュの方が多くをカバーできるのかなと思いました。

<img src=”wood.jpg” alt=”ギターに使われる木材”>

サウンドハウス

【広告】

 

あわせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

八幡謙介ギター・音楽教室in横浜

yahatakensuke.com

八幡謙介の書籍をチェックする

Amazon

楽天

BOOK☆WALKER

peraichi.com