八幡謙介ギター教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

【広告】

ジャズを歌わなくていいから歌を歌ってほしい

某ジャズスタンダードの歌詞を覚え直すのに、YOUTUBEでその歌を検索すると、ある日本人歌手が出てきました。

ふーんと思って聴いてみると、とても上手だし、ジャズそのものです。

何かの賞を取ったとかで、ジャズ界の評価もきっと高いんだと思います。

が故に、僕にはその歌が全然入ってきませんでした。

 

ピッチも発声も発音もタイムもスキャットも、全てがジャズのど真ん中で申し分ありません。

しかし、僕にはその人の歌が聞こえてきませんでした。

だからその人がどういう人なのかが全く伝わってこないのです。

伝わってくるのは”ジャズ”だけです。

だからつまらなくてすぐに消しました。

 

歌というものは残酷です。

楽器ならある程度は音楽の後ろに自分が隠れて形式のみ演奏していても成立しますが、歌は完全に生ものなので、そういった態度が一発で露呈します。

そして、あらゆる歌手の中で、ジャズシンガーが飛び抜けて形式に没頭する傾向が高いです。

ジャズっぽい発声、ジャズっぽいタイム、ジャズっぽい発音……それらを習得すればするほどジャズになってはいきますが、歌が消えていきます。

一方で往年のジャズシンガーを聴くと、歌を歌っているように聞こえますが、ジャズを歌っているようには聞こえません。

だからとても心地いいです。

そこに到達するためには、ジャズを歌わずに歌を歌えばいいと僕は思うのですが……。

日本のジャズ界において、ジャズスタンダードをジャズとしてではなく歌として歌うのは、たぶんとても勇気がいることなのでしょう。

でもそれをやっている人がいたら、僕は絶対ファンになると思いますし、僕だけじゃなくて一般のお客さんもついてくると思うのですが……

yahatakensuke.com

はじめてのジャズ

はじめてのジャズ

 

 

ジャズに人が集まらない理由

ジャズに人が集まらない理由

 

【広告】

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com


【広告】