【広告】

1曲弾ける時点で”普通”なのであれこれ悩む必要はない

教室で教えていると、よく生徒さんに「自分は才能ないのでしょうか?」「音痴(リズム音痴)でしょうか?」と訊かれます。

あるいは逆に「自分には才能がありますか?」(あると言ってもらえるのを期待して)と訊いてくる人もいます。

僕はほぼ全員に「普通」と答えます。

才能があるわけでもないわけでもなく、普通だと。

まず才能があれば僕のところになんか来ません。

もうすでに自分の音楽で何かやっているでしょう。

次に、音痴だとか極端にリズム感がないということもありません。

なぜならすでに楽器を持って1曲2曲弾けているからです(仮にガタガタで人前で弾けるレベルでなくても)。

本当に音痴だったりリズム感のない人は絶対に1曲弾けません。

というか、そもそもそういった人は楽器をやろうと思わないだろうし、もっと言うと音楽を聴いて楽しいと思わないでしょう。

だからまだ1曲も弾けなくても、音楽を聴いて楽しいと思い、自分でもやってみたいと思える時点で音楽的に”普通”です。

 

楽器をやっている人の99.9%の人は”普通”です。

残り0.1%の人は才能があります。

これを読んでいるあなたは間違いなく99.9%の普通の人なので、変なことに悩まずに普通に努力すれば上達していきます。

あとは努力の内容と時間次第でしょう。

楽器は真面目に練習すな!

楽器は真面目に練習すな!

 

【広告】

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com


【広告】