【広告】

速弾き練習でゆっくりから弾かないといけない理由

速弾き練習でよく「ゆっくりから弾く」とレクチャーされたりします

これについてはいろんな解説があるでしょうし、僕も以前何度かブログに書いたと思います。
改めてもう一つゆっくりから弾かないといけない理由を述べておきたいと思います。

 

フォームが未完成なうちから速いピッキングをすると、身体が無意識的に楽な動きを選択します。
仮にその楽な動きが理にかなっていればいいのですが、ほとんどの場合はそうではありません。
よくあるケースだと、自分では前腕の回転をしているつもりが実は手首の屈伸を使っていたなど。

僕自身も最近、ごく微細ながら自分が無意識的に手首の屈伸を使っていたことを知り、矯正しています。


速く弾くとそういった無意識的な動きまでチェックできなくなります。
ですから、ゆっくりゆっくり弾きながらフォームを観察し、修正するべき点は修正していく必要があるのです。

もちろんこれは、自分のフォームを観察し、どこが悪いのかを理解し、それをどう修正すればいいのかがわかっているというのが前提ですが。

いずれにせよ、速弾きを練習している人は、むやみに速く弾こうとせずに、まずはよくよく自分の腕を観察してみましょう。

速弾き・スウィープの身体操作 (ギタリスト身体論外伝)

速弾き・スウィープの身体操作 (ギタリスト身体論外伝)

 

 

【広告】

 

合わせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】