【広告】

「気持ち」を優先する人は長続きしない

何かを継続するためには「気持ち」が大事だと言われます。

強く思ったときの気持ちを持ち続ければ、どんな苦難も乗り越えられるとか…。

さて、ギター講師としてたくさんの人を見てきましたが、結論から言うと、「気持ち」と現実はほとんど関係ありません。

「気持ち」が何かの原動力になることはありますが、それは初速だけです。

例えば、18歳の自分がプロになりたいという「気持ち」を強く持っているとします。

それはそれで立派なことだし、否定する気は全くありません。

ポイントは、それが〈18歳のときの気持ち〉であることです。

当然、人はいつまでも18歳ではいられません。

もちろん、20歳でも35歳でも、同じ年齢でずっといるという事は不可能です。

その◯◯歳の「気持ち」を持ち続けようとするから、現実と齟齬が生じてくるのです。

そして、なぜか「あの頃の気持ち」がなくなってしまった自分に失望し、挫折してしまいます。

また、「気持ち」が主体だと、ちょっとした「気持ち」の揺らぎに簡単に影響されて、目標をすぐに変更してしまいます。

一方、「気持ち」を重要視していない人は、同じことを長期間継続できたり、目標に向かってぶれずにまっすぐ進むことができます。

 

「気持ち」なんてものは、それこそ小雨が降っているだけで揺らいでしまうほど脆いものです。

それを自分の中心にすえるほど危険なことはないと僕は思います。

 読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】