ギターの掃除と弦高調節、オクターブチューニング 僕はこうやってます

昨日はわりと時間があったのでストラトの大掃除をしました。

弦も錆びていたので。

初心者の方は何をどうしたらいいのか分からないかもしれないので、僕のやり方を書いておきます。

まあ、これが正しいのかどうかは知りませんが、ひとつの例として参考にしてください。

 

1、弦を外して解体

まず弦を外し、ネックもボディから外し(外せないものはそのまま)、ブリッジのサドルも外します。

取り外したサドルは順番に並べましょう。

いきなり弦を外すとネックへの負担が…という説もありますが、あんま関係ないと僕は思います。

2、拭き掃除

クロスで丁寧に汚れを拭いてやりましょう。

ちょっといいやつを買っておくと長く使えますが、なんでもいいです。

KASUGA 春日 キョンセームクロス 20cm x 20cm

KASUGA 春日 キョンセームクロス 20cm x 20cm

 

 

モーリス 楽器用高級クロス クリーニングクロス MCC-2

モーリス 楽器用高級クロス クリーニングクロス MCC-2

 

 フレットの溝やブリッジ、サドルなどに埃がたまっているはずなので、丁寧に磨きます。

ちなみに僕はから拭き派です。

 

3、ネック調節

拭き掃除が終わったらネックを調節しましょう。

分からない人はこちらを参照。

www.soundhouse.co.jp

トラスロッドは回しすぎないようにしましょう。

 

4、ネックとサドルを付けて、弦を張る

ネックを見終わったらまたボディに付けます。

サドルも再度とりつけます。

サドルは必ず元ついていた位置に戻しましょう。

1弦についていたなら1弦に。

ただし、今は縦の位置(ネジをどれぐらい回しておくか)は適当でいいです。

弦を張ります。

 

 

5、オクターブチューニングと弦高調節

最後に一番めんどくさいこれ。

www.soundhouse.co.jp

これをやらない(できない)人が多いみたいです。

僕は両方をやりながらバランスを取っていきます。

ポイントは、一工程ごとにチューニングを合わせることです。

例えば1弦のオクターブがずれているとしましょう。

サドルを適切な方向に動かします。

すると必ずチューニングがずれます。

もう一度チューニングを合わて再度オクターブを確認。

全ての弦でそうします。

一旦オクターブチューニングができたら弦高を合わせていきます。

僕は、まず下げたいだけ下げて、そこでチューニングを合わせたら、ローフレットとハイフレットをざっと弾いていきます。

そこで音が詰まっていれば若干上げます。

またチューニングを直し、同じように弾いてみます。

ここで問題なければ、今度はチョーキングテストをします。

各弦ランダムにチョーキングしてみて、詰まる場合はもう少し弦高を上げます。

少し上げたらまたチューニングし、またチョーキング。

これを何度もやって、チョーキングしても詰まらないぎりぎりの弦高を探ります。

 

満足がいったら、全ての弦をチューニングしなおし、再度オクターブチューニングをして終了です。

 

書いてるだけでめんどくさいですが、これだけやっておくとかなりコンディションよくなりますよ。

たぶん、年3回ぐらいはやるべきでしょうが、僕はずぼらなので1回です。

自分でやったことないという人は、この年末に一度チャレンジしてみてください。

【広告】.

 

読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

【広告】