読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギター教室 横浜 八幡謙介ギター教室講師のブログ

ギター講師八幡謙介のギター、音楽感をつづるブログ

歌ものをやるギタリストはアッシュボディのギターを持っとくといいかもしれない

【広告】

 

ストラトのよく使われるアルダーとアッシュですが、それぞれの特徴は前回述べました。

FBでも詳しい人が「だいたい合ってるよー」と太鼓判を押してくれたので間違いなさそうです。

で、今回は材質とジャンルについて私見を述べておきます。

【広告】

 

個人的に、アッシュのストラトはポップス系の歌もののオケに合うと思います。

アルダーほど歪みがブリンブリンいわないし、ギター的な自己主張が少ないからです。

だから、ギターが前に出ないアレンジの曲には、アッシュボディの音はかなり重宝するのではないでしょうか?

もちろん、その逆でギターが全面に押し出されたものもあるのでしょうが、歌ものの守備範囲でいうとアッシュの方が多くをカバーできるのかなと思いました。

 

といっても僕は、歌もののレコーディングはボサノバデュオやってたときガットギターでしかやったことないんですがw

ギターサウンドの基礎知識

ギターサウンドの基礎知識

 

 

【広告】

 

読まれている記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com