八幡謙介ギター教室in横浜講師のブログ

横浜でギター教室を運営するギタリスト八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ


八幡謙介ギター教室公式LINEアカウントを友だち登録する!


質問、相談、ブログや教則本の感想、その他メッセージをお送りいただければご返信します。

友だち追加

ギター初心者がこれからギターを始めるために 5 ガットギターでできるジャンルは?

サウンドハウス
前の記事

k-yahata.hatenablog.com

ガットギター、エレガット

前回はアコギとアレアコについてご説明しました。

今回はガットとエレガットについてお話したいと思います。

ただ、そもそもガットギターに興味がある人は少ないと思うので、ガットとエレガットの違いというよりは、そもそもガットギターで何ができるのかというお話をします。

ガットギターはほぼジャンルが限定される

ガットギターをやるかやらないかは簡単です。

以下のジャンルがやりたい人はガットギターを買いましょう。

 

・クラシック

・フラメンコ

・ボサノバ

 

上記に興味がない人はガットを持つ必要はありません。

さらにガットとエレガットに分けると、

 

・クラシック、フラメンコ

 →ガット(生)

・ボサノバ

 →ガット、エレガット

 

まずクラシックをエレガットで弾くことは絶対にありません。

クラシックなら生のガットギターで間違いありません。

フラメンコもそうだと思いますが、個人的には詳しくないので、もしかしたら近年エレガットを使うことが増えているのかもしれません。

そこは自分で調べてみましょう。

ボサノバに関してはややエレガットの方が使い勝手がいいかもしれませんが、ガットでも問題ありません。

ちなみに、クラシック、フラメンコ、ボサノバはアコギではできません。

サウンドが違うからです。

クラシックをアコギで弾くというのは、例えるならショパンをエレクトーンで弾くようなものです。

ガットをメインギターにするには覚悟が要る

ガットギターは、かなりジャンルが限定されたギターです。

ですので、ノリでガットからはじめるのはやめといた方がいいでしょう。

クラシックの演奏を観て衝撃を受けたとか、どうしてもフラメンコが弾きたい、あるいはガットの音色が好きでたまらない……といったはっきりとした目的意識があれば別ですが、そうでなければエレキかアコギにしておきましょう。

ということで、本シリーズでは以後ガットギターについて言及しません。

八幡謙介ギター教室HPを見る

yahatakensuke.com

ギター初心者がこれからギターを始めるために 6へ

k-yahata.hatenablog.com