八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

僕の研究した楽器のための身体操作がギター以外にも広がっています

楽器のための身体操作

僕が長年研究してきた楽器のための身体操作、特にここ4年で発見した腕や指の使い方が、最近ギター以外の楽器奏者にも広がっています。

今のところベースのフィンガーピッキングドラムのスティックコントロールヴァイオリンのボウイングオーボエのフォームチャップマンスティックのフォームなどを指導し、「演奏がやりやすくなった」「疲れなくなった」「音がよくなった」 などといった反応がありました。

歴60年のプロヴァイオリニストにも指導

ちなみにヴァイオリンの方(プロ)は歴60年だそうで、最初は僕が提案した親指の使い方に対しヴァイオリンのセオリーや過去の文献などを挙げて反論していましたが、試してみたら弾きやすくなったと実感され、びっくりされていました。

最初否定されたときは正直『やっぱ他楽器のプロに指導するのは無理か……』とへこみましたが、その直後に僕の提案したフォームに効果があると認めてもらえたので安心しました。

実際プロの人の方が貪欲で柔軟ですから、本当に使えるとわかれば一発で認めてくださいますし、シビアな感覚で検証してもらえるのでこちらとしてはありがたいことです。

<img src=”violin.jpg” alt=”歴60年のプロヴァイオリニスト”>

自分の楽器の文化では分からないことが多い

このように、自分の楽器独自の文化では分からないことはたくさんあります

ヴァイオリンのような歴史のある楽器でもどうやらまだまだ身体操作に関してはつけいる余地があるみたいです。

楽器奏者でプロ・アマ問わずフォームに悩んでいる方がいたら、ぜひ一度教室までお越しください。

ちなみに僕はフォームの強制は一切せず、こういう指の使い方がある、こういう風に肩を使ってみては? といった提案しかしません。

最終的にやるかやらないかは本人の自由としています。

サウンドハウス

【広告】

 

関連記事

 

関連書籍
ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

  • 作者:八幡 謙介
  • 発売日: 2009/10/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

八幡謙介ギター・音楽教室in横浜

yahatakensuke.com

八幡謙介の書籍

Amazon

楽天

BOOK☆WALKER

peraichi.com