八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

ギターの運指で、押弦した後に指を上げるのは間違い

弦を押さえた後

ギターを弾くとき、弦を押さえた後、みなさんはどうしていますか?

おそらく多くの人は弦を押さえた指を上げていると思います。

しかしこれが間違いなのです。

なぜかというと、指を上げると弦から指が離れすぎてしまったり、逆に力んだりするからです。

まず、どこでもいいので弦を押さえます。

その音を弾き終わったら指を上げるのではなく、弦を押さえている力を解除しましょう。

そうすると指がふわっと浮き上がってきます。

<img src=”hand.jpg” alt=”ふわっと浮いた手”>

そこで次の音にいくと、弦と指の距離を一定に保ったまま運指することができます。

もちろん押弦した力を抜いただけなので脱力も十分できています

弦を押さえるのに力を使い、弦から指を離すのにまた力を使っていては疲れるだけだし、運指もきっとうまくいかないでしょう。

 

心当たりのある人はまず弦を押さえてからふわっとその力を解除し、弦から指を離す訓練をしてみましょう。

速弾き系ならこれだけでも見違えるほどスピードアップしますよ。

サウンドハウス

【広告】

 

関連記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

八幡謙介ギター・音楽教室in横浜

yahatakensuke.com

八幡謙介の書籍

Amazon

楽天

BOOK☆WALKER

peraichi.com