八幡謙介ギター教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介がギターや音楽について綴るブログ。

八幡謙介ギター教室in横浜
「一般コース」「プロ養成コース」
初心者/プロ志望対応
リンクをクリックしてHPをチェック!

手が小さい人がギターを弾くときに有効なフィンガリング


八幡謙介ギター教室in横浜

ギターを弾いてみたい、あるいは既に弾いているけど手が小さくて困っている。

やっぱり自分にはギターは向いていないのではないかと悩んでいる方に、手が小さい人のためのフィンガリング(運指)やコードの押さえ方をお教えします。

 

ギター関連の商品をAmazonでチェックする!

フレット間を狭める

例えば1弦3F→5Fと弾くとしましょう。

何も考えずにフィンガリングすると図①のようになりがちです。

  • 図①

f:id:k_yahata:20230418095645j:image

3F内で2Fに近いところを押さえ、5F内は5Fに近いところを押さえています。

これでももちろん正しい音は出ます。

しかし無駄に幅を取り過ぎです。

ただでさえ手が小さい人がこんな幅を取っていたら押さえにくいのは当たり前です。

 

ここでギターの特徴をおさらいしましょう。

ギターという楽器は、フレット内であればどこを押さえても同じ音が出ます

この特徴を利用し、図②のように押さえる場所を変えて手が小さい人でも押さえやすくします。

  • 図②

 

f:id:k_yahata:20230418095653j:image

3Fはぎりぎり3F側、5Fはぎりぎり4F側で押さえてみましょう。

すると図のように距離が縮まり、手が小さくても押さえやすくなります。

このようにギターのフレットの特製を生かし、押さえるポイントをずらして距離を縮めていくことで押さえやすくします。

 

 

異なる弦で距離を縮める

では異なる弦ならどうでしょうか?

(間違えて白丸にしてしまいましたが、特に意味はありません)

 

  • 図③

f:id:k_yahata:20230418102428j:image

こちらは3弦3Fから4弦5Fを押さえた場合(逆でもOK)。

端と端で押さえているので遠いです。

これを……

 

  • 図④

f:id:k_yahata:20230418102435j:image

3弦3Fは3F寄り、4弦5Fは4F寄りに押さえます。 すると距離が短くなります。

 

 

コードを押さえるときは

こした「距離を縮める」という概念はコードにも適用できます。

 

  • 図⑤

f:id:k_yahata:20230418104303j:image

こちらはCのコードです。

見ての通り距離がありますよね。

これをフィンガリング同様縮めていきます。

 

  • 図⑥

f:id:k_yahata:20230418104309j:image

こうすると指をガバっと広げる必要がなくなるので押さえやすくなると思います。

 

 

手が小さい人は小さいなりに

このように、ちょっとした工夫で手が小さい人は小さいなりにギターを弾くことは可能です。

そもそもの問題は従来のギター奏法は手が大きいことを前提にしていたこと、そして手が小さい人がそれに盲従していることです。

スポーツなどを見ると体が小さい人は小さいなりに、その体格を生かしたプレイで活躍している人が多いですよね。

それと同じです。

 

こうしたアイデアはまだまだ沢山あるので、興味のある方は教室までお越し下さい。

 

ギター関連の商品をAmazonでチェックする!

 

指板作成サイト

ギターコード指板図くん - 作ろう! マイコードブック|ギター・マガジンWEB|Guitar magazine