八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

八幡謙介の最新教則本「ギタリスト身体論3 新世紀ピッキング理論」販売中!

 

下半身を常時暖めるようにしたら生産性が上がった

冷え問題

僕は冷え症なんですが、今年の秋から対策を改めることにしました。

k-yahata.hatenablog.com

今までは上半身を暖めるようにしていたんですが、どうも下半身から冷えが来ている感じがしたので、家にいるときに下半身を暖めるようにしました。

具体的には、ルームシューズとレッグウォーマーの着用、あと下半身の筋トレやウォーキングの強化です。

効果はすぐにあらわれました。

頭寒足熱で快適に

下半身を暖めると、上半身が自動的にポカポカしてきます。

いつもはこの時期から部屋でTシャツ、ネルシャツ、フリースを着ているんですが、このフリースが暑く感じるようになりました。

あと、暖房もまだそこまで焚かなくても大丈夫です。

上半身はうっすらと冷え感を感じますが、寒いというほどではありません。

そこでふと思い出しました。

東洋医学には頭寒足熱という言葉があり、これが健康によいとされるそうですが、僕は頭熱足寒で今まで生活していたようです。

ちゃんと頭寒足熱にしたら生活しやすくなった気がします。

ルームシューズのサイズ問題

ただ、ひとつだけ問題が。

それは、ルームシューズやスリッパにちょうどいいサイズがないということです。

スリッパはたいていかかとがはみ出るので好きじゃないからルームシューズを探すのですが、だいたいサイズが3~4種類しかなく、微妙に小さいかでかいかのどちらかです。

どっちも若干気持ち悪いです。

大きい方が圧迫感がないのでまだましですが、できればちょうどいいのが欲しいところです。

フローリングをやめたら素足で生活できるけど…

以前床にフロアマットを貼っていたんですが、これが1週間程度で毛玉ができ、それを定期的にトリマーで刈らないと汚く見えるという代物でした。

半年くらい使ってめんどくさくなって全部はがし、今はほぼフローリングです。

マットのときは確か足下が暖かかったと思いますが、上記の理由でもう使いたくありません。

フローリングは快適だけど足下が冷えるので対策必須となります。

でもスリッパやルームシューズが好きじゃない……

この矛盾を解決するには床暖房しかなさそうですが、コストかかりそうなので今年はパスします。

八幡謙介ギター・音楽教室in横浜

yahatakensuke.com

サウンドハウス

【広告】

 

 

あわせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

八幡謙介の書籍をチェックする

Amazon

楽天

BOOK☆WALKER

peraichi.com