八幡謙介ギター教室in横浜講師のブログ

横浜でギター教室を運営するギタリスト八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

ハムバッカーのリアの音にはまってきた

サウンドハウス

以前、前から使っていたプロトに悩みに悩んでハムバッカーを搭載しました(最初はシングル)。

f:id:k_yahata:20210811095837j:plain

こちらのリア(バーストバッカー)の音がよくて、すっかりハム好きになってしまいました。

もともとずっとジャズをやってきて、ハムといえばネック一択、それ以外はストラトなのでシングルで、ハムのリアというものを下手したら20年ぐらい使っていませんでした。

そして改めて弾いてみると、なんかBLUESの匂いがします。

バーストバッカーのせいかもしれませんが、ゴツゴツといびつで、ハイがややきつく、それでいてわりと芯があります。

例えるならスモーキーなスコッチのような、最初は「なんじゃこりゃ」と顔をしかめるけど、だんだん癖になってくる…。

急にBLUESが弾きたくなり、先日久々に動画にしました。

youtu.be

ヴィンテージのストラトは値段が下がらないのでもう完全に諦めましたが、届かないながらも頑張って貯めたお金がほぼ手つかずで残っています。

ふと、『これでヴィンテージの335の安いの買えるんちゃう?』と悪魔のささやきを聴いてしまい、そこから335熱が上がってきました。

以前東京の楽器屋で弾いた手頃な335もいい音してたし、生徒さんが持っていたあれこれいじってあるやつもいい音でした。

これはもう335いくしかないでしょう……

プロトは言ってもストラトなんで、どこか薄さが残っていて、そこが個性でもありますが、不満と言えば不満です。

335をリアで弾いたらどんだけ気持ちいいんだろうと想像するともうダメですねw

来年あたり買ってると思います。

馬鹿高いストラトを無理して買うよりは堅実な買い物じゃないかと思います。

 

 

あわせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com