八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

八幡謙介の最新教則本「ギタリスト身体論3 新世紀ピッキング理論」販売中!

 

足の冷え対策を改めてすることにした

足の冷え

10月半ばから急に寒くなって、一度風邪をひいたんですが、その時足が異常に冷えてびっくりしました。

ここ何年もそんな症状はなかったので。

あれこれ考えてみると、ずっとフローリングに張っていたマットを春から外して、部分的にフローリングむき出しで過ごしていました。

夏は気づかなかったんですが(でも今考えれば足が冷えてた)、秋になってフローリングが冷たくなり、そこから冷えが体に入ってきた感じです。

ちなみに僕はスリッパがあんまり好きじゃないので、靴下のみ。

冷え症のくせになんでこんなことをしていたのか、自分でも分かりません。

アンクルウォーマー

とりあえずAmazonでアンクルウォーマーをポチ。

そういえばかなり昔、レッグウォーマーを使っていたんですが、ある時期から全然使わなくなり捨ててしまいました。

こちらの商品は適度にゆるいので足首が締まって痛い感じもなく、じんわり暖かくなります。

個人的にはちょっと暖まり方がゆるやかな感じがします。

蒸れないので寝るときにいいかもしれません。

2セットあるので交互に洗濯しながら毎日使えます。

スリッパもまたポチ

個人的にスリッパというものがあまり好きではありません。

なぜかというと、僕の足のサイズ(28)がほとんどないからです。

かかとがはみ出るのが気持ち悪いのであんまり履きたくありません。

そもそも靴を脱いで上がる日本の家屋でなんで新たに室内用の履き物が必要なのかもよくわかりませんし。

しかし、今回足から風邪をひいて改めてスリッパの重要性が分かりました。

あれこれ探して28以上のサイズが見つかったのでポチっておきました。

こういうときに限って品薄らしく、待たされています。

書き物集中できない問題

そういえば今年の夏ぐらいから書き物に集中できなくなってきた気がしてたんですが、たぶんデスクの下が直でフローリングになったからでしょう。

そこから足が冷えて、血流が悪くなり、頭が回らなくなっていたんでしょう。

以前はマットが貼ってあったので素足でもそれなりに暖かかったのですが。

スリッパが来たらまた書き物に集中できるようになるかもしれません。

 

それにしても、素足(靴下)にフローリングで足がこんなに冷えるとは思いませんでした。

たぶんフローリングって本来は靴のまま過ごすものなんでしょうね。

八幡謙介ギター・音楽教室in横浜

yahatakensuke.com

サウンドハウス

【広告】

 

 

あわせて読みたい

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

八幡謙介の書籍をチェックする

Amazon

楽天

BOOK☆WALKER

peraichi.com