八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

寒暖差疲労にやられてた

寒暖差疲労

僕は毎年春と秋に体調を崩します。

自分の中では行事みたいなもんなんで、特にそれに対して調べたり構えたりはしていなかったのですが、今年はじめてこの現象に名前があることをしりました。

それは、寒暖差疲労です。

そして今年の秋は例年になく寒暖差が激しかったので、比較的長期にわたって体調が優れませんでした。

風邪と足首

きっかけははっきりしていて、ある日突然寒くなった晩にまだ夏の格好で寝てしまい、一発でやられ、翌朝から風邪のような症状(というか風邪)が出ました。

僕は普段から冷えにはかなり気を付けているので、風邪をひくことはめったになく、今回はかなり久々です。

久々に風邪になって気づいたのが、足首の冷えです。

いつも足が冷えると三陰交というツボを押します。

ちょっと冷えてる程度だと「いてててw」ぐらいですが、今回は「イデーー!」という感じでコチコチに固まっていました。

あと、足首を触っていると裏側の筋肉が張って押すと痛いです。

足首周辺をマッサージしていると体温が上がってきてぽかぽかしてきますが、放置するとすぐ冷えて固まってき、体も熱っぽく感じます。

できるだけ足首を温めるようにしていましたが、ずっとというわけにはいかないので、冷えて、暖めてを何度も繰り返していました。

履く毛布の機動力

下半身をすっぽり暖めるために履く毛布を持っています。

これを履いてじっとしているとじわーっと暖まってきます。

ただ、下半身がすぽっと寝袋みたいなものに覆われているため、機動力がなく、ちょっとトイレやキッチンに行くだけでも脱がないといけません。

そうして、寒い場所に少し滞在しただけでまた足首から体が冷えてきます。

風邪用にレッグウォーマー必須

改めて考えると、風邪をひいたとき用にレッグウォーマーが必要だと痛感しました。

それなら足首を暖めたまま一日中過ごせます。

実は冷え症が酷かったとき持っていたんですが、ある程度改善した段階で捨ててしまいました。

もったいない……

Amazonで検索してみると色々ありますが、まだ秋なので在庫がない商品が多いようです。

改めてレッグウォーマーを買って、普段使わなくても風邪のとき用に置いておきます。

八幡謙介ギター・音楽教室in横浜

yahatakensuke.com

サウンドハウス

【広告】

 

 

あわせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

八幡謙介の書籍をチェックする

Amazon

楽天

BOOK☆WALKER

peraichi.com