八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

八幡謙介の最新教則本「ギタリスト身体論3 新世紀ピッキング理論」販売中!

 

ブログで意味ない写真を掲載したりフォントを工夫したりするのはたぶん逆効果

ブログの迷走

2年ほど前、ブログのPVが下がってきたのと、アフィでもっと稼ぎたいという下心を発動して、ブログの書き方をあれこれ模索しはじめました。

その後、詳しい人の話を聞いた方がいいだろうとココナラでコンサルを入れ、アドバイス通りフリー素材の写真を掲載したり、フォントも太字や赤などを文面に入れたり、その他細かいことも色々と試しました。

最初こそPVが上がりましたが、その後は右肩下がりで、アフィもどんどん減っていきました。

収入として当てにしているものではないのですが、ないよりはあったほうが助かります。

どうしたもんかと毎日ブログのアクセスやアフィの収入を観察していると、どうやらある結論に達しました。

 

前の方が明らかにPVもアフィも結果が出ていた!

 

ブログを元に戻す

そして、最近ブログをまた元に戻し始めました。

  • 本文のフォントは標準設定の黒のみ、太字や色付けは基本しない。
  • 写真は本文と密接に関係したものしか掲載しない。
  • 写真を掲載する場合は必ず自分で撮る
  • アイキャッチは自分の写真に戻す。
  • 音楽系だけでなくいろんなことを書く。 

これは元々の書き方です。

新しく書く記事はこれに準じて書き、昔の記事は写真やフォントをいちいち元に戻していく作業をしていきました。

すると…

アフィの収入が戻ってきた

不思議なことに、アフィリエイトの収入が戻ってきました。

具体的な数字は避けますが、落ち込む前の数字に近くなってきました。

この落ち込む前の数字自体たいしたことないんですが。

ほとんど、フォントを戻したり関係ない写真を削除しただけなんですが、アフィと関係あるんですかね?

ちなみにPVは気持ち上がってきましたが、それほどでもありません。

戦犯は、写真?

個人的に、戦犯は写真な気がします。

よくブログの書き方なんかで、必ず写真を挿入しようと書いてありますが、僕の経験から言うと、逆に評価下がるきがします。

というのも、ブログに掲載する写真ってだいたいフリー素材で誰でも使えるやつだし、それをざっくり記事のイメージや本文のイメージに合わせて載せるだけですよね?

GOOGLEからすると、人の写真を本文とあんまり関係なく使ってると判断するんじゃないかと思います。

逆に、本文の内容に対して不可欠な写真を自分で撮って掲載するとPVがしっかり上がります。

僕はコンサルを信じて、ブログ記事のタイトルに合わせた写真を記事内に掲載していましたが、それだと意味ないようです。

写真を掲載するなら、本当にドンピシャで記事の内容に必要なものを自分で撮るべきだと思います。

結局大事なのは?

で、色々やってみて改めて何が大事かがちょっと見えてきました。

それは…… v 

  • 更新頻度
  • 内容の充実
  • ある程度の文量

 

このみっつです。

最低でも三日に一回ぐらいは、ある程度文量のあるしっかりした内容の記事を書くことが一番大事だと思います。

逆に言えば、それ以外の小手先のテクニックはいらないということです。

しょうもないことをやるとPVやアフィの収入が下がるということは身をもって理解しました。

蛇足

たぶんですが、小見出しは効果あるんじゃないかと思います。

なので小見出しは残しています。

というか、書きやすいですしね。

文末のリンクなどについては不明。 

八幡謙介ギター・音楽教室in横浜

yahatakensuke.com

サウンドハウス

【広告】

 

 

あわせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

八幡謙介の書籍をチェックする

Amazon

楽天

BOOK☆WALKER

peraichi.com