八幡謙介ギター教室in横浜講師のブログ

横浜でギター教室を運営するギタリスト八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

40代以上が間違いなくアガるパトレイバー仕様の工具箱

サウンドハウス

模様替えの一環で工具をひとまとめにしようと思い、工具箱を探していると、思わずニンマリするものを発見してしまいました。

それがこちら。

f:id:k_yahata:20210605105505j:image
ニンマリした人は40代以上でしょう。

わからない人のために説明しましょう。

80年代に連載された「機動警察パトレイバー」という警察漫画があり、主人公・泉野明(いずみ・のあ)が所属する部隊が”特車二課”といいます。

そこには”パトレイバー”というロボットが配備されていて、それに乗って犯罪と闘います。

繊細なロボットなので壊れやすく、”特車課”には整備班も常駐しています。

その整備班の備品という体で作られたのがこの工具箱なんだと思います。

 

制作は「グルーブ・ガレージ」というアニメグッズを販売する会社です。

調べてみると他にも色々だしています。

  • 工具箱
  • コンテナ

他にも色々あるので詳しくはHPをご覧下さい。

www.groove-garage.jp

使ってみるとわかりますが、この工具箱、単なるアニメグッズではありません。

ちゃんと工具箱してます。

頑丈だし、たっぷり入るのでごちゃごちゃとちらばっていた工具がすっきり収まりました。

f:id:k_yahata:20210605105528j:image

しかも無味乾燥なツールボックスではなく、十代の頃大好きだった作品仕様なので、目にする度にアガります。

もしこれが「機動警察パトレイバー」としかプリントされていなかったらたぶん買ってなかったでしょうね。

「特車二課整備班」にしているところがにくいです。

他のツールも同じですね。

篠原重工のコンテナも欲しいです(これも作中に存在する会社)。

 

「機動警察パトレイバー」は、ぱっと見ロボットものですが、内容は社会派群像劇です。

特に組織、個人、企業、警察などの関係性の描き方がリアルで、正直子供の頃にはわからないことのほうが多かったです。

今30代前半の人は逆に新鮮に楽しめるんじゃないでしょうか?

子供の頃に読んだだけの人も、オトナになってから再読すると味わい深い名作です。 

機動警察パトレイバーをチェックする

 

 

あわせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com