八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

ギタリスト身体論3進行状況

ギタリスト身体論3

ご存じの方も多いと思いますが、現在新刊「ギタリスト身体論3」の制作が進んでいます。

そもそもは2019年8月頃脱稿したのですが、その年の年末に大幅な見直しを決め、明けて2020年6月に再脱稿。

そこから組版という作業に入るんですが、このコロナ渦で作業が大幅に遅れており、10月現在ようやくそれが進み始めたところです。

組版が完成すると初稿(ゲラ)が出て、それを僕がチェックし、訂正。

訂正した原稿をもう一度チェックし、それでOKなら校了して印刷という流れになります。

 諸々の流れが最短で進んでも年内出版は絶対無理なので、刊行は2021年となります

過去最長 

脱稿から校了まで1年以上かかるとか過去に例がありません。

どんな大長編だよって感じですが、本はたぶん150~180ページぐらいです。

 

最初の書き直しは恐らく僕自身の甘さ、どこかでこんなもんだろう感が出ていたのでしょう。

もちろん自分ではそんな意識は全くなかったのですが、後で読み返してみたら確かに『こんなもんだろう』が匂っていて冷や汗をかきました。

そこは編集者に感謝です。

再脱稿からの流れはもう誰が悪いわけではなく、完全にコロナのせいです。

コロナがなかったら10月現在で出版できているでしょう。

それでも、出版が頓挫しなかっただけでもありがたいと今は思っています。

ギタリスト身体論3はピッキングフォームに特化した本 
何度もアナウンスしてきましたが、ギタリスト身体論3は、ピッキングフォームに特化した教則本です。
ピッキングではなく、ピッキングフォームです。
普通、ギターの教則本ではピッキングフォームなんて見開き2ページぐらい扱っていれば十分、4ページもあれば『この本丁寧にフォームについて書いてんなー』と思われますが、身体論3は約150ページ全編ピッキングフォームしか書いていません!
エクササイズもほとんどなし。
フォームの理論、効用、実践、応用のみです。
知らない人が手にしたらかなりびっくりすると思います。
ちなみに、教室の生徒さんなら3ヶ月も通っていれば全部知ってるはずです(できるかどうかは別)。 
本を出すのは相変わらず怖い 

さて、僕としてはかなり久々に全国流通する本を出しますが、やっぱり怖いです。

身体論1のときほどではないにしても、いろんなネガティヴな想像が頭をよぎります。

といってもこれはクリエイターやアーティストだけのものではなく、政治家、自営業、企業、YOUTUBERなど全てにおいて言えることでしょう。

何かを世の中に発表するのは、本当に逃げ出したくなるほど怖いものです。

同時に、その充実感や達成感は言葉では表せないものがあります。

僕はぎりぎり後者のほうがほんの少し勝っているので、まだ何かをつくって世の中に出していきたいと思えます。

 

それはともかく、ギタリスト身体論3はもう少し時間がかかるので、しばしお待ち下さい。

待てない人は教室にお越しいただければ同じ内容を教えています。

ギタリスト身体論シリーズ
ギタリスト身体論 達人に学ぶ脱力奏法

ギタリスト身体論 達人に学ぶ脱力奏法

  • 作者:八幡 謙介
  • 発売日: 2019/06/25
  • メディア: Kindle版
 
ギタリスト身体論 2-脱力奏法の実践と応用 - CD付

ギタリスト身体論 2-脱力奏法の実践と応用 - CD付

  • 作者:八幡謙介
  • 発売日: 2011/07/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
DVD ギタリスト身体論DVD 脱力奏法の解明 / 中央アート出版社
 

サウンドハウス

【広告】

 

関連記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

八幡謙介ギター・音楽教室in横浜

yahatakensuke.com

八幡謙介の書籍

Amazon

楽天

BOOK☆WALKER

peraichi.com