八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

教室で歌詞についてレクチャーしています

歌詞のご相談、レクチャーが増えてきた

ここ最近、歌詞の読み方だったり、生徒さんが書いた歌詞へのアドバイスをする機会が増えてきました。

一応教室HPでも歌詞についてのご相談も受け付けますと書いていますが、改めてここでどんなことをやっているのかをご説明します。

歌詞の読み方 

歌手の方も含め、歌詞が読めていない人は結構多いです。

もちろん言葉としては理解できているし、世界観もなんとなくは分かっているんでしょうが、細かいところで何が起こっているのか、そこにどういう感情があるのかということが理解できていない人が多いようです。

そうした細かい部分が理解できていないと、歌うときに感情が入らなくなります

当たり前ですよね?

何が起こっているのかわからないんですから……

逆に言えば、細かい出来事をきっちりすくい取って歌詞を理解できるようになると、歌に感情が入ってき、自然と聴ける歌になるということです。

これはもうレッスンで実証済みなので間違いないことです。 

具体的な例
では具体的な例を挙げてみましょう。
  • 槇原敬之「遠く遠く」

 まるで七五三の時のよに

 ぎこちないスーツ姿も

 今ではわりと似合うんだ

 ネクタイも上手く選べる

(詳しい解説はこちらから)

k-yahata.hatenablog.com

Aメロの後半の歌詞です。

さらっと読めば<スーツが似合うようになり、ネクタイ選びが上手になった>という描写のように思えますが、本当は<サラリーマン生活に慣れた、社会人として一人前になってきた>ということを表現しています。

ここを<スーツ似合うようになってきたよ>という気持ちで歌うのと、<自分も社会人として一人前になってきたよ>という気持ちで歌うのとでは、表現が全然違ってきます。

また、この部分では時間の経過を歌っています。

<まるで七五三のようなぎこちないスーツ姿>が<わりと似合って>き、<ネクタイも上手く選べる>ようになったということは、それだけ時間が経過したということです。

そういったことを認識できていないと、主人公の生活や心情の変化が捉えられず、やはり表現が浅くなってしまいます。

よくある上手いけど入って来ない歌というのは、前者のようなちょっと残念な誤読をしているケースが多いと僕は考えます。

ということは、歌詞がちゃんと読めるようになったらそれだけで歌が見違えるほどよくなるはず!

というのが僕の教室のヴォーカルレッスンの発想です(技術的なことは僕ができないので一切教えていません)。

僕が歌詞をどう読んでいるかについては下記リンク「歌詞解説」からご確認ください。

<img src=”poetry.jpg” alt=”歌詞を読む、書く”>

主題を読み取る

詩を読むとき、最も重要なことは、主題を読み取ることです。

国語の授業でやった「作者が言いたいことは何か?」です。

これはほとんどの場合言葉に出てきません。

また、先日解説したいきものがかりの「ありがとう」のように、タイトルからイメージ出来ることと主題が真逆である場合もあります。

k-yahata.hatenablog.com

主題が読み取れないと、自分が何の歌を歌っているのかが分かっていないので、当然歌に説得力が欠けてしまいます。

歌詞の主題を読み取ることは、歌の善し悪しに直結しています

個人的に、いくらヴォイトレを積んで発声を整え、ピッチやタイムを正確にしても、歌詞が読めていない、主題が分かっていない人には良い歌は歌えないと思います。

ですから、教室のヴォーカルレッスンでは主題を理解できるまで歌詞を読み込みます。

歌うのはその後で十分です。

自作の歌詞について

また、生徒さん自身が書かれた歌詞についても添削、アドヴァイスをしています。

歌詞もまた文学であり、文章で他人に自分の考えや思いを伝える作業です。

これは僕のもうひとつの本業でもあるので、自身を持ってアドヴァイスすることができます。

主題の表現、視点のブレ、論理矛盾、時間の前後、言葉のチョイス、登場人物への理解度などなど、教則本や小説の執筆と共通する部分も多いので、正直自分にかなり向いている作業だなと実感しています。

また、僕の添削は徹頭徹尾論理を軸にしています

ですから誰でも理解でき、学んで応用することが可能です。

もちろん、詩なので非論理的な部分もあるのですが…… 

良く出来た詩は論理的 

詩というと最初から最後まで非論理的でふわふわしていてセンスがないと書けないようなイメージですが、良く出来た詩を読むと、ほとんどのものは高い論理性を保持していることがわかります。

ただ、簡潔ではないという点が小説やエッセイと詩の違うところでしょう。

例えば小説なら、

 

 就職して2年が経った。

 

と書くところを、詩にすると

 

 まるで七五三の時のよに

 ぎこちないスーツ姿も

 今ではわりと似合うんだ

 ネクタイも上手く選べる

 

と回りくどい表現になってしまいます。

しかし、これが非論理的かというとそうではありません。

むしろこれ以上ないほど論理的です。

ただ、簡潔ではないというだけです。

詩が論理で構成されているということは、学び、応用することが可能だということです。

僕の教室ではその辺を教えています。

興味がある方は下記サイトからご連絡ください。 

CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / PG6 CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / PG6

 RODE ( ロード ) / NT1-A コンデンサーマイクRODE ( ロード ) / NT1-A コンデンサーマイクIK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / iRig Mic

IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / iRig Mic

歌詞解説 

歌詞解説シリーズはこちらから。

k-yahata.hatenablog.com

【広告】

 

関連記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

八幡謙介ギター・音楽教室in横浜

yahatakensuke.com

八幡謙介の書籍

Amazon

楽天

BOOK☆WALKER

peraichi.com