八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

コロナに関してやたら上から目線で日本人に忠告してくる海外在住の日本人について

コロナに関する日本人への忠告

僕は基本コロナ情報は政府発表と感染者/死亡者の推移・分布ぐらいしか見ないようにはしているんですが、それでも色々と情報は入ってきます。

中でも少し前、海外在住日本人の日本への忠告がSNSでバズりました。

要約すると、

 

  • ○○(←その人が住んでる海外の都市)は2週間後の日本
  • 自分はお前らの未来から来た
  • コロナ舐めてたらお前らもこうなる
  • 今動けば助かる
  • なのにのんきなことしてるお前らはアホ
  • 日本人は全員狂ってんのか?

 

だいたいこんな感じだったかと思います。

たぶんそこから2週間ぐらい経ってますが、幸か不幸かその人達の言う通りにはなっていません(自体は逼迫していますが)。

それにしても、あいつらなんであんなに上から目線なの?

僕がびっくりしたのは、彼らのあまりにも上から目線な態度です。

なんでコロナの封じ込めに失敗して多数の死者、感染者を出している国の住民が、それよりもはるかに押さえ込めている国の住人にそこまで上から忠告できるのか意味がわかりません。

数字を一切見ていないのでしょうか?

しかも、彼らの予言通りになっていませんし。

でも実は、僕には彼らの態度がちょっとだけ理解できたりします。 

<img src=”virus.jpg” alt=”パンデミックを忠告する海外在住の日本人”>

海外在住の日本人は日本在住の日本人を見下す傾向がある 
海外在住の日本人は、自分が海外に住んでいるというだけで日本在住の日本人を見下す癖があります
僕も海外に住んでいたときはそんな感じでした。
理由はありません。
なんかそうなってしまうんです。
日本に帰ってきてからそれが取れるまで結構な年月がかかりました
だから今まさに海外に住んで、ロックダウン中の街で暮らしている日本人は謎のプライドを持っていると容易に想像できます。
ただでさえ困難がつきまとう海外暮らしに加え、コロナのパンデミックで戦時下のような状態でがんばって生きている俺/私スゲー! そんなスゲー俺/私が日本とかいう島国に住んでいる奴らにパンデミックのリアルを教えてやる! 日本人はどうせコロナの怖さも分かってないんだろう? だからいまだに満員電車に乗って仕事に向かうという狂気のような生活を送ってやがる! 俺/私の住んでいる先進的な世界でも封じ込められなかったコロナを日本人がどうにかできるわけがない! 政府も無能で何もわかっちゃいないんだろう! だから俺/私が日本人共を啓蒙してやらなければ!!!
…まあそう思ったかは知りませんが、そういう匂いはプンプンしてきます。
数字と肌感覚で自分の国や地域のことだけ考えていればいい

僕はコロナに関しては、まずは数字を見ます。

東京は感染者が増えてきたけどまだ200は越えないところで持ちこたえている。

全国的には徐々に増えていっているので危ない感じがするけど、海外に比べれば比較的抑えられているというのが数字から分かります。

肌感覚としては、まあまだ余裕持っててもいいのかなという気がします。

これは住んでいる地域、仕事、家族構成などにもよるんでしょうが。

さらに大事なことは、それをむやみにアウトプットしないということでしょう。

たぶんNYやイタリアに住んでいる日本人は、自分達の地域の数字と肌感覚に海外在住日本人特有のマウンティング癖をのっけてついアウトプットしちゃったんでしょう。

でもそれがこっちの数字や肌感覚とかなりズレていて、僕なんかは余計なお世話だと思うし、イラっとしてしまいます。

日本在住の日本人も、あなたと同じで賢いから安心して

海外在住の日本人にいいたいのは、日本在住の日本人もあなたと同じで賢いし、ちゃんと考えて行動してるから安心して自分の身の回りのことだけ考えてくださいということです。

啓蒙してくれなくてもこっちはこっちで情報集めて、こっちの肌感覚で動いているので。

あと、まずは数字を見ましょう。

数字を見ればかなり冷静になれます。

関連記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

【広告】

 

八幡謙介ギター・音楽教室in横浜

yahatakensuke.com

八幡謙介の書籍

Amazon

楽天

BOOK☆WALKER

peraichi.com