八幡謙介ギター教室in横浜講師のブログ

横浜でギター教室を運営するギタリスト八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

コロナ情報は政府と自治体発表だけ見て他は全部シャットダウンすればわりと安心できる

サウンドハウス

新型コロナウイルスの情報が世にあふれかえっています。

普通に暮らしているだけで情報が多すぎて何を覚え、何に注意し、どう考えればいいのかパンクしてしまいそうです。

そこで僕はあれこれ考えた末、政府と自治体の発表だけ受け止めるということにしています。

そうすることでわりと穏やかに過ごせるようになってきました。

 

TVやネットは視聴率や再生数をかせぐために放送しているので、どうしても恐怖を煽ったり、ここぞとばかりに政治を批判したりして、見ているとどうしても不安になってきます。

また、買い占めが起こっている、買い占めをやめようという情報を受けて「やばい!」と思い自分も必要でないものを買いに行く人もいます。

TVやネットは感染者数やクラスター発生地域だけ確認して後はスルーしておくべきでしょう。

コロナ特番なんか見ても不安になるだけです。

 

コロナについてSNSで適当なことを言う人がいます(本人は真面目らしい)。

「若くて健康なら大丈夫」というのは嘘だったと判明したし、「8割は軽症」の「軽症」も39度で水しか飲めないレベルを言うんだそうな。

僕はこういう個人の意見を全部スルーしています。

なんでかというと、どう考えたってそいつらより日本政府や対策チームの方がコロナについて、今の日本の現状、そして今後どうするべきかを知ってるからです。

どれだけ疫学に精通していようが、有名だろうが、パンデミック現地に住んでいようが、彼らが日本政府や自治体、対策チームより日本の現状を把握しているとは思えません。

そういった個人の意見を全部スルーしたら結構楽になります。

 

政治に不審があるのはわかります。

僕も頭から政治を信用しているわけではありません。

ただ、現状どうしたって政治決定に従わないといけません。

だから政府と自治体の指示だけを待っていればいいのです。

政府が信用できないからといって、パンデミック現地の日本人の意見を鵜呑みにし、先手を打って行動してもそれがいい結果になるとは限りません。

もちろん政府の決定が必ずいい結果を生むともかぎりません。

ただ、一個人よりも政府や自治体の方が事態を理解していると考えるのは妥当でしょう。

だから僕はそっちに張って、後は指示、勧告、命令に従うつもりをしています。

もちろん自己判断するべきところは判断しますが。

 

渋谷の某ライブハウスで「俺たちは感染対策万全だ! だからライブやるぜ!」と言ってライブを行い、しっかりクラスターを発生させた人がいるそうです。

やりたい気持ちや、店側の事情も分かりますが、自治体の要請を無視して個人の考えを尊重するとこうなります。

何度も言いますが、今の日本でコロナのことを一番よく分かってるのは政府や自治体です。

その人たちが「ヤバいよ」と言っていることはやらない方が賢明です。

お上に服従することに抵抗があるかもしれませんが。

 

 

あわせて読みたい

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com