八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

ギタリスト身体論3再始動しました!

2019年8月に一度脱稿した「ギタリスト身体論3 ピッキングの研究」の進行がずっと滞っていたのですが、ようやく再始動しました。

半年空いたおかげで新しく発見したことや、これはもう違うかなというのができてきたので、現在加筆、訂正、削除をしながら書き直しています。

 

これは余談ですが、僕は本を書くときにできるだけその本の強度を上げるようにしています。

文章は簡潔に、内容は本質的に。

今受けているものではなく、10年20年読まれるものを。

今流行っているトピックではなく、10年20年経っても変わらない要素を。

そうするとついてこれない読者が出てくるのですが、そこはあえて切ります。

これについてこれないのなら、ついてこれるレベルになってね、と。

そうすると意外とついてこようとする人が出てくるものです。

「ギタリスト身体論(1)」はもう10年読まれていますので、結果も出ているといっていいでしょう。

ただ、今回のギタリスト身体論3は編集者の指摘があり、あまりにも強度を上げすぎた感が否めません。

僕自身はずっと研究し、教室で実証してきたピッキングなので、「これだけ書いたらわかるよね?」と思っていたのですが、初見の人からすると(といっても編集者ですが)難解に感じるようです。

ピッキング研究に加えて、ここ数年で読む本も和漢の古典や学術書が多くなったりと、自分の読書強度も上がっているので、普通がどの辺か分からなくなっていたのでしょう。

教則本を書くのも8年ぶりぐらいですからね。

ということで、もう少し親切に分かりやすく書き直しています。

僕がよく言っている客観的視点を取り入れる実践です。

とはいえ、100%人に言われた通りにしても軸がブレるので、どこまで取り入れるかがポイントとなります。

客観的意見を取り入れる過程で、そこに見栄やエゴが発生することもあれば、責任転嫁、思考放棄となることもあります。

 

まあそれはこちらの話で、ギタリスト身体論3が読者にとって確実にいいものになろうとしているのは確かです。

順調にいけば3月には再脱稿、遅くても夏には出版できるのではないかと思います。

また随時ご報告しますのでお楽しみに!

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

ギタリスト身体論 ー達人に学ぶ脱力奏法ー

  • 作者:八幡 謙介
  • 発売日: 2009/10/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

【広告】

 

関連記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

八幡謙介ギター・音楽教室in横浜

yahatakensuke.com

八幡謙介の書籍

Amazon

楽天

BOOK☆WALKER

peraichi.com