八幡謙介ギター教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介がギターや音楽について綴るブログ。

八幡謙介ギター教室in横浜
「一般コース」「プロ養成コース」
初心者/プロ志望対応
リンクをクリックしてHPをチェック!

J-POPのカッティングとファンクのカッティングの違い


八幡謙介ギター教室in横浜

以下は私見ですが、J-POPのカッティングとファンクのカッティングは違います。

何が違うかというと、「チャカ」とダウンアップ一往復したときに聴き取れる弦の分離感です。

J-POPのカッティングはこの分離感がなく、「チャカ」がひとつの塊になって聞こえます。

というか、そう聞こえるようにプレイしている人が多い印象。

別の言い方をすると、タイトさ命です。

 

一方ファンクのカッティングは、「チャカ」にほんの少しだけ弦が分離したところが聴き取れます。

言葉で説明すると心許ないのですが、わかりますか?

J-POPのカッティングよりちょっとだけルーズな感じ。

ただ、そのルーズさもいきすぎるとグルーヴがダレてしまうので、グルーヴしている範囲内で弦の分離感を出せるように調節していきます。

そのへんが分かりやすい例を一人ずつ挙げろと言われたら、J-POPは鈴木健治さん、ファンクはナイル・ロジャースでしょうか。

鈴木健治氏のカッティング

www.youtube.com 

J-POPでカッティングといえばこの人と言われる方。

超有名スタジオミュージシャンですが近年はYoutuberとしても活躍されています。

 

 

ナイル・ロジャースのカッティング

www.youtube.com 

ファンクのカッティングといえば世界でたぶん三本の指に入る人。

CHICというバンドのギタリスト。

両者の違い

バッキバキの鈴木氏に対して、ナイルが弾いているのを聴くと一瞬「この人大丈夫か??」と思ってしまいますが、アンサンブルの中ではめっちゃ気持ちよくグルーヴします。

CHIC公式動画

www.youtube.com

余談ですが、J-POPのカッティングもファンクのカッティングもフォームでつくることができます。