八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

ギターのフィンガリングに力みが残る人は脇を締めて弾いてみよう

ギターを弾いているとき、左の脇は空いていないか

ギターを弾いていて、フィンガリングがどうも上手くいかない、左腕がずっと重い、ひっかかる、力んでいる気がするという人は、演奏中脇が空いていないかをまず確認しましょう。

脇が空いているとしたら、力みや違和感の原因はそれです。

 

なぜかというと、なかなか上手く説明はできませんが、感覚的に言うと、脇が空いていると腕が重くなり、かつぶらぶらと安定しなくなります。

そこでネックをしっかり握って腕を安定させようという意識が働き、親指をぎゅっとネックに押しつけるのでしょう。

k-yahata.hatenablog.com

脇を締めるだけで問題が解決することも

レッスンで生徒さんからフィンガリングの相談を受けたとき、僕はまず脇を見ます。

すると、必ず脇を空ける癖が見られます。

最初からずっと空いている人、ある瞬間だけ脇が空く人。

いろんなタイプがありますが、ほぼ間違いなく脇がゆるくなっています。

それを指摘すると問題が解決することが多いです。

もちろん、他に問題があるケースもありますが。

<img src=”boxing.jpg” alt=”脇をしめた構え”>

格闘技で言われる脇の重要性

相撲やレスリングなどで「脇を差す」という技術があったり、ボクシングなかでも絶対に脇を締めてパンチを打ちますよね。

脇が空いているとそれだけで人体は不安定で弱くなるのでしょう。

ギターでも同じだし、他の楽器もたぶんそうだと思います。

もちろん、ギターのピッキングのようにどうしても脇を空けないと弾けないケースもありますが。

サウンドハウス

【広告】

 

関連記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

八幡謙介ギター・音楽教室in横浜

yahatakensuke.com

八幡謙介の書籍

Amazon

楽天

BOOK☆WALKER

peraichi.com