八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

ジャズのアドリブは今すぐ誰でもはじめられる

近年ジャズを習いに来る人が増えてきました。

レベルは未経験者からかなりのベテランまで幅広いです。

中でも初心者の方の悩みはほぼ全員共通しています。

一言でいえば、情報量への疲弊です。

それも、アドリブがはじまる前に消化しなければならない(とされる)情報量に疲弊し、相談に来られます。

 

これからジャズをはじめたいと、どこかの教室に習いにいくとします。

するとほとんどの場合、このスケール覚えて、この曲のコードを覚えて、フレーズを沢山用意しておいて、スタンダードの音源いっぱい聴いておいて……と、アドリブを弾く前段階で相当な情報の消化を求められます。

それらをなんとかやっつけようと、文献やネットをあたると、さらに多くの情報が舞い込んでき、ほとんどの人はここでパニックに陥ります。

そうしてアドリブをはじめる前に多くの人が挫折してしまいますし、なんとかそこを乗り越えられたとしても、さらにジャズ特有の困難な(めんどくさい)試練が待ち受けています。

 

これらを乗り越えるべき試練だと考える人もいるかもしれませんが、僕はそうは思いません。

単なる講師の怠慢です。

それと、ジャズ特有のマウンティングや、俺も苦労したんだからお前も苦労しろという押しつけも潜んでいると考えます。

だから僕は、何の情報もなしで誰でもいきなりアドリブをはじめられる方法をずっと模索してきました。

といってもこれは綺麗事ではありません。

ビジネスチャンスなのです。

【広告】(記事続く)

 

<img src=”jazz.jpg” alt=”ジャズのアドリブ”>

いろんな教室を回ったけど、どこに行っても山のような情報を処理してからでないとアドリブさせてくれない、しかし八幡という人はどうもいきなりアドリブできるって言ってるぞ、スケールとかはほとんど教えないらしい、ジャズ界にも疑問を呈しているようだ、普通のジャズギター教室とは違うらしい、じゃあ一度行ってみるか……。

そういう人が実際増えています(本当にこう思ったかは知りませんが)。

どこの教室もめんどくさいことをさせてからもったいぶってアドリブをやらせるんなら、自分の教室はめんどくさいことをせずにいきなりアドリブできますよと宣伝すれば、興味を持ってもらえるはずですし、そこにビジネスが生まれます。

もちろん、生徒さんもその恩恵を被ることができるし(そうなるようにこちらも努力します)、僕も儲かるしでwin×winとなるから、ジャズ初心者にはいきなりアドリブをはじめられる仕組みを考え、実践しています。

 

あとは中身です。

当然、全くの未経験者がいきなりアドリブをやってかっこいい演奏になるはずはありません。

とはいえ、3ヶ月準備しても、6ヶ月準備してもそれは大して変わりません。

いきなりのアドリブが100点満点中1点だとすれば、数ヶ月準備したものはせいぜい5点ぐらいでしょう。

じゃあ今すぐ体感した方がよくないですか?

つたないアドリブだろうが、今すぐ弾いてみてジャズを体感して、そこからちょっとずつ情報を処理し、理解を深めていけば、数ヶ月後には5点ぐらいのアドリブになっているでしょう。

同じぐらいの結果なら、今すぐ体感した方が絶対楽しいし、継続できると僕は思います。

 

では本当に今すぐできるのか?

これは保証します。

最低で2音弾ければジャズになります。

楽器を触ったこともない人は流石に厳しいですが、数年弾いてる人なら今すぐジャズのアドリブをすることは可能です。

興味がある人はぜひ教室まで起こしください。

【広告】

 

関連記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

ギタリストのためのアドリブの入り口
Amazon
八幡謙介ギター・音楽教室in横浜

yahatakensuke.com

八幡謙介の書籍

Amazon

楽天

BOOK☆WALKER

peraichi.com