八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

ブルースはアルバート・キング一択

前にも書いたかも知れませんが、僕はブルースというとアルバート・キング一択です。

彼以外のブルースは全くといっていいほど聴きません。

 

じゃあアルバート・キングの何がいいかというと、泥臭さと都会的センスが見事にマッチしているところでしょう。

ギターだけ、あるいはどブルースな曲だけ聴くと古いタイプのブルースミュージシャンのように思えますが、アルバムをいくつか聴いていくと、新しい音楽にも敏感な人だったことがわかります。

ポップ調あり、ファンクあり、モータウン調あり、スイングあり、ロックありとわりとなんでもやってます。

そういった多彩なジャンルの中にあの超個性的で真っ黒なギターが映えて、僕にはめちゃくちゃかっこよく感じます。

アルバートを聴いていると、どんな音楽の中にもBLUESはあるんだなあとしみじみ感じます。

 

アルバートキングのおすすめアルバム。

キング・オブ・ザ・ブルース・ギター

キング・オブ・ザ・ブルース・ギター

  • アーティスト: アルバート・キング
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2012/10/03
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 
I'll Play the Blues for You

I'll Play the Blues for You

 

興味ある人はどうぞ。

 

【広告】

 

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

ジャズ小説「ラプソディ・イン・アムステルダム」

Kindle版

【ジャズ小説】ラプソディ・イン・アムステルダム

【ジャズ小説】ラプソディ・イン・アムステルダム

  • 作者:八幡謙介
  • 発売日: 2015/04/20
  • メディア: Kindle版
 

Book☆Walker版

bookwalker.jp

楽天kobo版

books.rakuten.co.jp

八幡謙介ギター・音楽教室in横浜のジャズレッスン

peraichi.com

八幡謙介の書籍

Amazon

楽天

BOOK☆WALKER

peraichi.com