八幡謙介ギター・音楽教室in横浜講師のブログ

ギター講師八幡謙介が音楽やギターについてつづるブログ

解像度、立ち上がり、鳴らす、エージング……謎の多いオーディオ用語を個人的に解説してみた

最近、楽器の世界での専門用語や隠語のようなものを解説してきましたが、ついでにオーディオ用語についてもミュージシャンの見地から解説してみたいと思います。

定位

音源の中のどこにどの音が配置されているか。

低位がはっきりすると音源全体の輪郭がはっきりするので、より音楽の世界に入っていける。

解像度

音源の中の視界のようなもの。

解像度が悪いと視界が曇って音源の中が見えない。

解像度が上がると「こんな音が入ってたのか!」と驚きがある。

音の立ち上がり(スピード感)

オーディオ好きがよく口にするが、意味不明。

たまにミュージシャンも口にする。

音の速度は物理的には一定だそうです。

レンジ、(高域、中域、低域)(ハイ、ミッド、ロー)

音の高低ではなく周波数の高低

訓練しないとわからない。

<img src=”console.jpg” alt=”オーディオ用語って分かり辛い”>

伸び

よく「高域の伸びが~」とか言われるけど、よくわからん。

綺麗ということか?

エージング

これは普通にあります。

特にスピーカーは時間と共に確実に音が変化します。

ただ、「慣らし運転」以上の何かを求めるのは間違い。

エージングが進めば進むほどいい音になるとは思えない。

鳴らす

主にスピーカーに使われる用語。

「このスピーカーを鳴らすためにこのアンプを使って~」「スピーカーがまだ鳴ってない」などと使うようです。

そのスピーカーの特性を十分に出し切るということでしょうか。

意味はわかるけど、なんでこんな通ぶった言い方をしないといけないのかがわからない。

ギターにも「鳴り」という得たいの知れない言葉があるので、日本人はこの概念が好きなのでしょう。

締まる

これは普通にわかります。

特にロー(低域)に使われます。

低域はぼわんと膨らむことが多いので、壁との距離を変えたりインシュレーターを使って締めることができます。

音場

情報としての音そのものではなく、音楽が再生されている場における全体的な音の印象のような概念でしょうか?

部屋が変わると音楽の聞こえ方が変わるといったこと。

定義がはっきりしていれば理解できる概念ですが、使い方次第では意味不明。

音響の専門家によると、イヤホンで聴く場合は「音場」は存在しないとも。

スイートスポット

設置したスピーカーから一番バランスよく音が聞こえる場所。

あるにはあるけどミリ単位では存在しないと思われる。

粒(粒立ち)

意味不明。

音がキラキラしているというニュアンスで使われているっぽい。

ハイが目立っているだけなのでは?

エッジ

これも分かるようで今ひとつ。

定義があいまい。

などなど

 他にもいろんな用語があります。

誰を信じるか信じないかではなく、自分の価値観をつくることが大事なのではないかと。

サウンドハウス

【広告】

 

関連記事

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

k-yahata.hatenablog.com

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

八幡謙介ギター・音楽教室in横浜

yahatakensuke.com

八幡謙介の書籍

Amazon

楽天

BOOK☆WALKER

peraichi.com